40歳からの転職でやっと得られる1つのものとは?

40歳からの転職

「35歳転職限界説」 という言葉があるように、転職において35歳が年齢的な節目と言われてきました。

ところが35歳転職限界説も崩れ、次の節目はどこになるのかな・・・と考えてみると、それは不惑の40歳ではないかと。「40にして惑わず」 と言った孔子の時代から2500年経過した今、糸井重里さんはこう言いました。

「40歳は、惑う。」

40歳になっても、やっぱり惑います。惑っている人が多い中、SPAの特集でこんな記事がありました。

週刊SPA!3/11発売号「40代で会社を辞めた人のリアル」では40代サラリーマン2000人にアンケートを行い、40代転職者のリアルを報告している。そのなかで特徴的だったのは、退職者の6割は収入が減っていたが、8割はなんと「幸福度が上がった」と回答していたことだ。

収入が減るなんて・・・そう思われるかもしれませんが、40歳という区切りを迎えて本当に自分のやりたいことを見つけたり、自分にとって何が大切なのかを理解した結果が、幸福度が上がる転職につながったんだと思います。

人生80年だとすると、折り返し地点の40歳です。介護保険料の支払いが始まり、親の介護を意識しないといけない年齢です。自身も30代よりも老いを感じるようになり、少しだけ死を意識する事も増えてきます。結婚式に参加する回数も格段に減り、お葬式への参加が増えていきます。

実際に転職をしたことがある40代、50代はリクナビNEXT調べでは約20%で、5人に1人です。他の人は定年まで今の会社で働き続けたいと思っていて、実際に転職する人の数というのは多くはありませんが、SPAの結果からも一歩踏み出した人は幸福度が上がっています。

40歳からの転職でやっと 「幸福」  を得られるわけですが、20代、30代で転職に失敗したと思っている方もいると思います。でも、この失敗もすべてひっくるめての 「幸福」 です。その失敗は間違いなく糧になっているから、幸福が得られるのです。

輝く40代、50代になるために、今できること(リクナビNEXT)

40歳にして惑っている方のアンケート結果が、下記でチェックできますよ!

40歳は、惑う。 - AERA × ほぼ日40歳は、惑う。 – AERA × ほぼ日


予想年収と内定がもらえる会社の数を無料診断!その場ですぐわかる転職力診断 @type

スポンサーリンク

40歳からの転職

35歳以上という年齢の壁を突破したい人へ!
キャリアリリース40

元リクナビNEXT編集長が始めた「年齢ではなく実力で勝負できる世界」を目指した転職支援サービスです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

35歳転職限界説を突破して2回内定をGet、5つの会社を渡り歩いたジョブホッパー。人生トータルでは日系・外資系企業合わせて8回内定。ムダに転職活動経験が豊富で、転職エージェントを11社利用する。マネージャーとして面接官の経験もあるため、採用する側の論理も理解している。転職完全ガイド(晋遊舎)という本に、わたしの転職ノウハウが掲載される。