自分自身の転職失敗・後悔体験談を語る

転職失敗談

今日はわたしが転職して失敗したなぁ・・・・っていう話です。

わたしは5社で働いてきたんですが、決まって転職して3か月~6か月後に同じ気持ちになります。

『まだ、前の会社の方がよかったなぁ』

最初の3か月ぐらいってのは、右も左も分からずにただ前に進むので、特に何も考えないのですが、少しずつ周りが見えてくる3か月目くらいからは、その会社への違和感、そして今までの自分の経験とのズレに悩まされます。

『もっとこうしたらよくなるのに』
『新参者の意見は聞き入れないのか』
『この企業文化って、ほんと??』

この辺りは時間が解決してくれるのですが、今までで2社ほどこれが解決できなかった会社があり、そういった会社ではわたしは辞めてしまいます。時間が解決してくれなかったら、平均で2年ほどで退社しています。最後のやつが私は多くって、どうしてもなじめないケースってのがあります。

ここから何が言いたいかというと、転職して数か月後に初めて前の会社のよさ、悪さが分かるということです。何か違うものと比較することで、初めて知ることができるわけです。でこのころに前の会社の同僚と飲み会とかあると、もうクラクラ~って戻りたい気持ちになります。

といって前の会社に戻った事は一度もないのですが、わたしは2回ほど失敗していますので、環境を変えてもうまくいかない事もあるよ・・というのを頭にいれて転職活動をしてください。わたしは失敗したんですが、最終的には人生経験的にはすべてOK!って思っています。

過去は美化されがち

前の会社で起きたいろんな出来事(楽しかったこと、苦しかったこと、働きすぎたこと)、どれもすべていい経験だった・・・いつも私は過去を美化してしまいます。これはおそらく自分のベースの中に、

『人生、経験したもので損するものは何もない。成功も失敗もすべていい経験』

と思っているからなのか・・・、それとも

『喉元すぎれば、熱さ忘れる』

どちらもですね、わたしの場合。現状がつらかったりすると、過去はもっとつらい目にあっているのに、今のつらさの方が鮮明だから過去を美化する・・・そんなところもあるかもしれません。転職経験のない方は、会社のカラーを比較することはできませんが、私は少なくとも5社の比較ができます。

結局転職に失敗しても、またやり直せばいいだけの話です。転職回数や職歴に傷がつくとか考えずに、今この瞬間を楽しめばいいだけの話です!


予想年収と内定がもらえる会社の数を無料診断!その場ですぐわかる転職力診断 @type

スポンサーリンク

転職失敗談

35歳以上の方のための転職支援サービス
日本全国3万人の経営者にあなたの職歴をダイレクトに打診!



元リクナビNEXT編集長が作ったミドル世代専門の転職支援サービスです。求人を公開していない企業の経営者に、匿名で経歴情報を売り込むことで、あなたの活躍可能性が格段に広がります!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

35歳転職限界説を突破して2回内定をGet、5つの会社を渡り歩いたジョブホッパー。人生トータルでは日系・外資系企業合わせて8回内定。ムダに転職活動経験が豊富で、転職エージェントを11社利用する。マネージャーとして面接官の経験もあるため、採用する側の論理も理解している。転職完全ガイド(晋遊舎)という本に、わたしの転職ノウハウが掲載される。