【大学職員への道】35歳を過ぎたわたしが受けた最終面接はこんな感じだった!

大学職員への道

いよいよここまで来ました、大学職員の最終面接です!

書類選考から筆記試験、1次面接とクリアして、やっとここまで辿り着きました。最終面接の受付でわかったのですが、ここまで残ったのはたぶん一桁の人数。何百人かは受けているんで、35歳を過ぎてここまで残ったのはすごいことなのかもなぁ・・・・会場でそう思いました。

この日を迎えるにあたって、民間企業出身の私はとにかく大学経営について勉強しました。某大学についても徹底的にネットでニュースを調べました、仕事がめちゃくちゃ忙しい中で相当頑張ったと思います。

「経営戦略序論」 などという、全く意味の分からない本を熟読しました。(大学職員が一般職、管理職、経営職など様々な立場から自らの能力を高め、職務遂行する際に重要と思われる理念や思考プロセス、考え方が経営に関する実践事例とともに数多く示されている)

今度は企業でいう役員クラスということで、大学経営という視点で対策を練りました。リベラルアーツも話題になっているということで調べたり、アドミニストレーションについても調べました。

いざ!最終面接

扉をあけると6人か7人ぐらいが待ち構えています。1対7なんて今まで経験したことがありません、とはいえなぜか緊張はしませんでした。学長や理事長レベル(たぶんですが)が並んでいましたが、ホント不思議と緊張しませんでした。

ほとんど50歳から60歳過ぎのえらいおじいちゃんが並んでいます、過去最高の平均年齢の高い面接官たちです。

『簡単に自己紹介とキャリア説明をしていただけますか?』

ここは想定内の質問、1年前には何回も説明しているんでスラスラでてきます。私のキャリアは当然民間企業onlyなので、大学職員と共通点は全くと言っていいほどありません。どうやらここがお気に召さない面接官・・・

『このキャリアをどう大学職員として活かそうと思っているの?』

これも想定内の質問ですので、答えると

『それは大学職員の仕事ではないですね、もっと他にないの?』

でまた答えると、

『それもまた違いますね、大学職員になりたいという気持ちが伝わってこないんですが』

圧迫と言えば圧迫、それでもこれくらいの事は私も百戦錬磨ですんで、笑顔でまた答えます。ふと右の方を見ると、禿げたおじいちゃんがこっくりしています。

私の中でもともとあった違和感がここでMaxになったことは間違いありません、私の力不足と言えばそれまでですが、大学職員の仕事をした事がないので、内情はさすがに分かりません。ネットで調べたレベルではだめ、ということは結局は大学職員経験者が優遇されるのでは・・・そんな事も頭をよぎりました。

『あなたのやってみたいことは何なの?何を実現したいの?』

私が答えると、

『それはちょっと焦点がずれているな』

1次面接の時は共感を得たこの答え、やはりえらい方は違うんでしょうか?

過去に経験した面接の中で3本の指に入る悪印象で、私からの質問時間は全くなし、重箱の隅をつつかれている質問も多く、面接の最中に

『この大学、ひょっとして思っている以上に全然だめな大学なのかも・・・』

そういう思いが強くなりました。表向き新しい風が必要な事を言ってましたが、この最終面接はどうみても保守的。面接官のフィールドでしか質問がこないんで、経験者でないとつらい内容だったと思います。

私の努力も足りなかったのかもしれませんが、仮に受かったとしてもかなり悩むと思います。あの面接では行きたいとは思わんのです、落ちても印象悪すぎたので、もうあの大学について語ることは一生ないでしょうね。

私が面接官ならあんなことしません、気持ちよく応募者を返す努力もしますし、これから一緒に仕事するかもしれない候補者に礼儀正しくします。

これから結果を待ちますが、たぶんだめでしょうな・・・それでもいいやって気持ちになりました。

リクナビNEXTを使って、大学職員に合格した人のはなしです。まさかのリクナビを使った大学職員レア求人の発掘・・面白いです → 「明治大学の総合職募集」に採用されたのは、この人!


予想年収と内定がもらえる会社の数を無料診断!その場ですぐわかる転職力診断 @type

スポンサーリンク

大学職員への道

35歳以上という年齢の壁を突破したい人へ!
キャリアリリース40

元リクナビNEXT編集長が始めた「年齢ではなく実力で勝負できる世界」を目指した転職支援サービスです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

35歳転職限界説を突破して2回内定をGet、5つの会社を渡り歩いたジョブホッパー。人生トータルでは日系・外資系企業合わせて8回内定。ムダに転職活動経験が豊富で、転職エージェントを11社利用する。マネージャーとして面接官の経験もあるため、採用する側の論理も理解している。転職完全ガイド(晋遊舎)という本に、わたしの転職ノウハウが掲載される。