ハローワークで転職活動するデメリットとは?

ハローワークで転職活動。

失業手当の給付を受けるためにハローワークへ行ったのですが、その際に求人票がたくさん公開されていたので、求人票収集をしました。私の場合、実際応募まで進んだ案件はないのですが、求人票の印刷は100件ぐらいはしています。 

35歳からの転職という意味では、年齢が定年に近ければ近いほどハローワークの強みが発揮されると私は思います。大手リクルートエージェントですら、やはり50歳近い求人になると『あまり求人数は紹介できないかも』と言われます。その点、ハローワークは企業の質は別として、数はある程度ですが揃えられます。

都内何箇所か行ってみましたが、だいたいハローワークでの求人探しは同じ流れです。

ハローワークでの基本的な流れ

1.受付で番号札をもらう (検索端末の番号が指定されます)
2.指定の検索端末に座り、タッチペンで検索
3.年齢、給与条件、勤務地、新着求人、業種 など検索条件を指定
4.気に入ったものがあれば、プリントアウトして持ち帰る

こんな感じで、誰でも無料で閲覧することができます。 求人票の印刷の制限が、1日10件までというのがあります。

ハローワークのデメリット

エージェントの求人票とこのハローワークの求人票、違いがあります。

ハローワークは月収ベースで記載されているので、結局年間でいくらもらえるのかよく分かりません。ボーナスが何か月分なのか?表示されている月収は、ボーナスを割り込んで月収に入れているのか?不明です。

また、ハローワークの求人はエージェントの求人よりもだいぶレベルが下がります。どういうレベルかというと、給与水準や企業規模といったところです。ただ、地域密着ということもあり、通勤時間は選び方によっては、大幅短縮できるところもあります。

エージェントに登録するには、ある一定のレベル以上でないとはじかれますが、ハローワークはどんな人でも受け入れてくれるというメリットがあります。


予想年収と内定がもらえる会社の数を無料診断!その場ですぐわかる転職力診断 @type

スポンサーリンク

35歳以上の方のための転職支援サービス
日本全国3万人の経営者にあなたの職歴をダイレクトに打診!



元リクナビNEXT編集長が作ったミドル世代専門の転職支援サービスです。求人を公開していない企業の経営者に、匿名で経歴情報を売り込むことで、あなたの活躍可能性が格段に広がります!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

35歳転職限界説を突破して2回内定をGet、5つの会社を渡り歩いたジョブホッパー。人生トータルでは日系・外資系企業合わせて8回内定。ムダに転職活動経験が豊富で、転職エージェントを11社利用する。マネージャーとして面接官の経験もあるため、採用する側の論理も理解している。転職完全ガイド(晋遊舎)という本に、わたしの転職ノウハウが掲載される。