転職サイト「Switch.」はFacebook利用でも会社友達にばれない!

転職サイト switch.

有効求人倍率が上昇している事や、35歳転職限界説が崩れ、人口比率の高いアラフォー世代にも転職チャンスが訪れているということもあって、次々と転職系サイトがオープンしています。昨年から数えて早くも4つ目の新しい転職サイトのご紹介になります。

わたしが思う「Switch.」のメリット

Facebookを利用して、登録を簡略化する転職サイトは多いです。利用者としては登録が簡単というメリットがある反面、友達や会社に知られたらどうしようという不安があります。その心配がないという点が、この転職サイトの最大のメリットです。

こちらがSwitch.の安心ポイントで、これがあったので私もとりあえず登録してみました。(プライバシー設定は忘れずに!)

転職サイト switch.

「Switch.」に登録してみる

実際登録するとこんな感じです。

switch.1

画面下の方にこんなボタンがあります、本当に登録は1分で終わりますよ。

switch.3

ボタンを押すと、Facebookログイン画面に移行。その後switch.のアクセス許可を求めることに同意すると、下記画面になります。
switch.4

ここからはブロック企業の設定→基本情報の入力→職種・業種の選択→在籍企業情報の入力 までやると登録完了です。登録1分なので、この簡易登録だけだと全体の35%とわたしの場合は表示されました。スカウトをきちんと受けたい場合は、プロフィール情報の登録が必要なので、1分以上かかります。

Switch.を使ってみての感想

Facebookを普段から利用している人だと、とても簡単です。ただ求人数がまだ405件とかなり少ないので、これからに期待したいです。また企業側はFacebookを利用しているITリテラシーが高め(Facebookだけだと微妙ですが)な人を選別できるということで、SNSってなに?という人を除外しています。

そういう事もあってスタート時は、IT系企業の名前が多いです。まだ見えてないのがどういった年齢層をメインとしているのか、IT系以外の会社、職種への求人の広がりがあるかです。

求人内容については、今流行りのコンテンツ型求人票ではなく、ごく普通のタイプです。企業側と個人を直接結ぶタイプのダイレクトリクルーティングなので、中抜きで稼ぐエージェントを困らせる仕組みでもあります。(チャット形式でのやりとり、いいね!の利用、従来の求人検索もあり)

企業はその分手間にはなりますが、年収の3割とも言われる手数料をエージェントに払う必要がないのでコスト減となります。スマホアプリの開発も進んでいます。恋愛マッチングアプリ「Omiai」と開発元が一緒なので、求人の方も恋愛同様うまくマッチングしてくれるといいのですが・・・

人気企業からの「いいね!」が毎日届く!
Facebookを利用した新感覚転職アプリ『Switch.』


予想年収と内定する会社数を無料で診断!その場ですぐわかる転職力診断 @type

スポンサーリンク

転職サイト switch.

35歳以上という年齢の壁を突破したい人へ!
キャリアリリース40

元リクナビNEXT編集長が始めた「年齢ではなく実力で勝負できる世界」を目指した転職支援サービスです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

35歳転職限界説を突破して2回内定をGet、5つの会社を渡り歩いたジョブホッパー。人生トータルでは日系・外資系企業合わせて8回内定。ムダに転職活動経験が豊富で、転職エージェントを11社利用する。マネージャーとして面接官の経験もあるため、採用する側の論理も理解している。転職完全ガイド(晋遊舎)という本に、わたしの転職ノウハウが掲載される。