クライス&カンパニーに登録して、転職活動してみました!

クライス&カンパニー

今回は東京・汐留にある転職エージェント、「クライス&カンパニー」を利用したときの体験談です。

イタリアの雰囲気漂う汐留エリアにオフィスがあって、中も素敵なオフィスです。エージェントとしての評判・口コミは調べず、公式サイトで直接検索した求人で気になる案件があったので、突入してみました。

クライスアンドカンパニーの特徴

クライス&カンパニーの特徴は、30代マネジャー以上の求人に注力した転職サービスです。

求人の75%がマネージャークラス以上の非公開求人で、米国CCE認定GCDFキャリアカウンセラー資格を持つ、プロのキャリアコサルタントが転職を支援しています。

中小転職エージェントの特徴・つきあい方

中小の転職エージェントというのは、求人数が少ないのが特徴です。クライス&カンパニーもこちらに属していると思います。ただ、大手がもっていない求人を持っていたり、特定の業種、特定の会社に異様に強いというメリットもあります。わたしはこういった中規模の転職エージェントと、大手であるリクルートエージェントを必ず併用するようにしています。

クライス&カンパニーでの面談

実際に面談のため、オフィスを訪問しました。シックにまとまっていて、待合室にはコンサルタントの資格証が飾ってあって、なんだろう?と思ってみると、キャリアアドバイザーがコーチングの資格を持っている事が分かります。一方的なティーチング(指導)ではなく、面談に訪れる側の話をくみ取る技術を持っている方々です。

私を担当した男性はとてもやわらかい感じで、他社であったような事務的な印象は受けませんでした。

求人数はというと、公式サイトでわたしが見つけた企業とプラス2社程度で終わりました。わたしのスペックのせいもあってか、紹介数は大手エージェントよりもやはり少ないです。エンジニアとか、コンサル系の求人を多くもっています、そういう意味では私の職種とミスマッチでした。

私の転職状況もあって、積極的に求人を受けたわけではありませんので、もっと求人はあったのかもしれませんが、そんなにないという事でした。連絡もマメにもらいましたし、深くつきあえばもっといいところも見えてきたかもしれません。

私の中のポイントは、連絡がマメにくれるか、継続した求人紹介があるかという事なので、この会社に関してはどちらもクリアしていたと思います。毎度同じ事を書きますが、会社ではなく、キャリアアドバイザーによって対応方法は変わりますので、どんな人が担当かということが重要です!

クライス&カンパニーの公式サイトには、毎月20日に更新される「キャリアアップコラム」というコンサルタントが書いている転職話があり、読み物として面白いです。

代表である丸山貴宏さんは、ダイヤモンド・オンラインでも転職コラム「35歳からの転職」を書かれています。このブログタイトルと全く同じ!バックナンバーを公式サイトで読むことができます。「読みもの」というメニューから、チェックしてみてください。

公式サイト:クライス&カンパニー


予想年収と内定がもらえる会社の数を無料診断!その場ですぐわかる転職力診断 @type

スポンサーリンク

クライス&カンパニー

35歳以上の方のための転職支援サービス
日本全国3万人の経営者にあなたの職歴をダイレクトに打診!



元リクナビNEXT編集長が作ったミドル世代専門の転職支援サービスです。求人を公開していない企業の経営者に、匿名で経歴情報を売り込むことで、あなたの活躍可能性が格段に広がります!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

35歳転職限界説を突破して2回内定をGet、5つの会社を渡り歩いたジョブホッパー。人生トータルでは日系・外資系企業合わせて8回内定。ムダに転職活動経験が豊富で、転職エージェントを11社利用する。マネージャーとして面接官の経験もあるため、採用する側の論理も理解している。転職完全ガイド(晋遊舎)という本に、わたしの転職ノウハウが掲載される。