わたしの転職日記(1社目)・英文レジュメの準備

英文レジュメ

久々に JACリクルートメント から声がかかりました。案件的にはかなりな好条件でして、否定するところは何ひとつない感じです。で久々に職務経歴書と履歴書を更新して、転職エージェントさんに提出しました。でしばらく待っていると・・・

『今回は英文の職務経歴書も出してください』

・・・・、そんなもんあるか!

と思ったのですが、すごい昔にリクルートエージェントに作ってもらった英文レジュメをちょっと加工して提出したら、さすが自分!あまりの英語のひどさに、跡形もなく修正された英文レジュメが帰ってきてしまいました。今回はお察しのとおり、外資系企業への応募です。

なんとなく読む事はできるので、読んでみると納得!そういう英文になるのね~と思いながら、自分の力のなさを痛感・・・確かに今までも英語ができたら、もっと応募先は増えたのになぁ・・って思う事は多かったです。

文章のとおり、転職エージェントは英文レジュメも作ってくれます。入社の時は全力でサポートしてくれますが、当然入社後は英語で苦しむことになります(笑)

ですべての書類がそろったので提出、そうすると数日間で結果が・・・

『ご選考結果ですが、この度は残念ながらの結果となってしまいました。××様のご経験は評価しておられたのですが、最終的に他の候補者との比較検討の結果となってしまいました。』

早かったなぁ、今回結果出るの。おそらく年齢とかでばっさりやられたかなぁ・・・定番の行事みたいになっているので、いちいちへこみません。慣れました!さて次いきますよ~


予想年収と内定する会社数を無料で診断!その場ですぐわかる転職力診断 @type

スポンサーリンク

英文レジュメ

35歳以上という年齢の壁を突破したい人へ!
キャリアリリース40

元リクナビNEXT編集長が始めた「年齢ではなく実力で勝負できる世界」を目指した転職支援サービスです。

2 件のコメント

  • サイトの内容、非常に参考になりました。
    やっぱり転職は35歳過ぎると厳しいですね(当方40です)。おまけに不況の回復ままならない社会に追い討ちをかけるような震災発生で、求職状況は非常に悪いです。
    とはいえ、ずっと失業中というわけにもいかないのでどうにか仕事をみつけないと。また寄らせて頂きます。

  • 箱男様
    ブログコメント&フォローありがとうございます!
    私の実体験をお役に立ててもらえて、それが次につながればいうことありません。
    震災の影響はありますが、エージェントが言うのは活動すら遅いけどゆっくり求人が回復していると言ってました。これは震災直後の話なのですが、これから広がる影響では違う展開になるかもしれません。
    よろしくお願いします。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    35歳転職限界説を突破して2回内定をGet、5つの会社を渡り歩いたジョブホッパー。人生トータルでは日系・外資系企業合わせて8回内定。ムダに転職活動経験が豊富で、転職エージェントを11社利用する。マネージャーとして面接官の経験もあるため、採用する側の論理も理解している。転職完全ガイド(晋遊舎)という本に、わたしの転職ノウハウが掲載される。