JACリクルートメントからのアプローチ

震災後もたびたびJAC Recruitmentさんから案件の紹介を受けておりますが、今回ご紹介して頂いたのは、比較的ネットでも紹介されている某案件。

ただネットと違っていたのは、年収のところと英語の条件についてです。

こちらのエージェントさんは外資系案件も多く、外資系案件ってどちらかというと外資系専門のエージェントさんが扱ったりするのですが、そういう意味では日本の案件もまざってます。

『こちらの案件、いくつか条件の変更がございまして・・・』

という電話から年収についてと、英語の説明がありました。

なるほど結論からいうと、このあたりは柔軟に対応してくれるんだ・・そう思いつつも、問題は勤務地までの距離。震災後はあまり遠くに勤めたくないという気持ちが、例の帰宅難民を自分の周りでも多くみてしまったので強くなってますね。そんな思いから、こちらの案件は断ることにしました。

それでも紹介して頂けているだけ、本当に感謝です。


予想年収と内定する会社数を無料で診断!その場ですぐわかる転職力診断 @type

スポンサーリンク

35歳以上という年齢の壁を突破したい人へ!
キャリアリリース40

元リクナビNEXT編集長が始めた「年齢ではなく実力で勝負できる世界」を目指した転職支援サービスです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

35歳転職限界説を突破して2回内定をGet、5つの会社を渡り歩いたジョブホッパー。人生トータルでは日系・外資系企業合わせて8回内定。ムダに転職活動経験が豊富で、転職エージェントを11社利用する。マネージャーとして面接官の経験もあるため、採用する側の論理も理解している。転職完全ガイド(晋遊舎)という本に、わたしの転職ノウハウが掲載される。