「お世話になっております」と書かないと礼儀知らず?

辞表 提出

先日ハフィントンポストに、あるアンケート結果が掲載されました。

ビジネスメールの「お世話になっております」という一文は必要だと思いますか?
引用元:http://www.huffingtonpost.jp/sirabee/mail-manners_b_7108090.html

みなさんはどう思われますか?

20代から60代の男女1500人へのアンケートで、必要と答えた方が84.7%という結果でした。半分くらいかな?と予想していたので、ここまでか!と驚きました。

わたしもメール冒頭にこの定型文を、何万回と入力してきました。あまりに入力するので、日本語入力のIME単語登録で、”お” とキーボード入力するだけで、「お世話になっております」と変換候補が出るようにして、時間短縮をするほどでした。

「他の挨拶を考えるほうが面倒」 、「その一文があるおかげで礼儀正しく見えるから」というアンケート結果は理解できるのですが、50代男性が 「書いてないと礼儀知らずだと思ってしまうから」 と回答。そんな人種がビジネスの世界にはいるんだ・・・

特に違和感を覚えるのが、初対面の人にも使うケースや、大した世話にもなっていないのに使ってしまうケースです。

英文メールの挨拶は?と考える

日本人同士のメールのやりとりでは、特に考えることなく「(いつも)お世話になっております」と入力します。電話でも反射的に、「お世話になっております。」と返答してしまいます。でも、外人にメール連絡する時って、これに該当する英文がないんですよね・・・あるとしたら、Helloです。

普段は何も考えることなく使っていた「お世話になっております」が、英語圏に突入した瞬間に、あれ?と気づかされる瞬間です。逆に日本慣れしたガイジンさんから、「お世話になっております」とか言われるとドキッとします。日本特有なんですよね、お世話になってますは。

フリーランスとして働いている時に気づいたこと

もうひとつフリーランスとして働いていた時、この「いつもお世話になっております」が、どうしても入力できなくなりました。フリーランスがビジネスマナーを必要としていない訳ではないのですが、すべて自己責任となった時に「定型文は必要ないし、ムダ」と判断したからです。

どうしていたかというと、こんにちは!とか、おはようございます!という、いわゆる一般的な ”本当の挨拶” を使うようになりました。そっちの方がよそよそしさがなく、どこか親近感があるからです。何回取引しても 「お世話になってます」 というのは、どこか距離が縮まってない印象が強いです。

もし上記のような50代男性に遭遇して「ビジネスマナーがなっとらん!」言われたら、謝るかもしれませんがそのあと仕事はしません。仕事したくないですからね、そういう方とは。フリーランスはそういう事ができても、ビジネスマンやOLは会社を背負っているのでそうはいきません。

実は「お世話になっております」というのは、50代男性のような稀なケースへのリスクヘッジのために毎回入力しているのかな?そう思えてきました。つまらない事で取引停止になるくらいなら、慣例に従おう。無礼と思われるくらいなら、無難にすまそう、それが「お世話になってます」の持つ力じゃないかと。

挨拶を考える時間の効率化という側面が強いですが、やはりこんにちは!をメインで使っていきたいです。85%が必要と感じていても、わたしは個性を出していきたいです。


予想年収と内定する会社数を無料で診断!その場ですぐわかる転職力診断 @type

スポンサーリンク

辞表 提出

35歳以上という年齢の壁を突破したい人へ!
キャリアリリース40

元リクナビNEXT編集長が始めた「年齢ではなく実力で勝負できる世界」を目指した転職支援サービスです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

35歳転職限界説を突破して2回内定をGet、5つの会社を渡り歩いたジョブホッパー。人生トータルでは日系・外資系企業合わせて8回内定。ムダに転職活動経験が豊富で、転職エージェントを11社利用する。マネージャーとして面接官の経験もあるため、採用する側の論理も理解している。転職完全ガイド(晋遊舎)という本に、わたしの転職ノウハウが掲載される。