わたしの転職日記(2社目・その1)・人生初のコネ利用

コネ 転職

みなさんはコネを使った転職に対して、どういうイメージを持っていますか?

わたしは以前は、

「なんか裏口入学的で、フェアじゃない」

という、妙な精神論を持っていたのですが、35歳を過ぎてくるとそういった気持ちもどこかへ消え、

「使えるコネはなんでも使う」

という人に変身しました。35歳以降になると、「コネによる転職」 というのはむしろ財産で、どれだけ仲間や人脈のネットワークを持っているかという証明にもなります。35歳あたりならいいのですが、これが50代、60代と歳をとるにつれてコネの大切さを痛感するはずです。

人生初のコネでの応募

今回のコネ応募は、以前勤めていた会社の上司が転職先から電話をくれました。

「転職苦労人、ひさしぶり!今、こういう会社で働いてるんだけど、来てみないか?」

「今すぐ返事というわけにはいきませんが、ちょっと待ってください」

今の会社は正直居心地がいいし、年収も悪くない。ただひっかかるのは、10年後にこの会社は残っているのかということと、あまりにマッタリし過ぎていて退屈しそうだということです。このひっかかりがあったので、元上司からの連絡を断りませんでした。

悩んだ結果、とりあえず応募してみました。

すると・・・・

『次回、面接はすぐやります、社長面接です。』

こんなにうまくいくはずが普通はないんですが、元上司に声をかけられたんで、うまくいってます。これぞコネの力!普通ならたぶん通常ならば足きりにあっているはずなんで、そういう意味でありがたいんです。さて、久々に面接の想定問答集を作るぞと。


予想年収と内定がもらえる会社の数を無料診断!その場ですぐわかる転職力診断 @type

スポンサーリンク

コネ 転職

35歳以上という年齢の壁を突破したい人へ!
キャリアリリース40

元リクナビNEXT編集長が始めた「年齢ではなく実力で勝負できる世界」を目指した転職支援サービスです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

35歳転職限界説を突破して2回内定をGet、5つの会社を渡り歩いたジョブホッパー。人生トータルでは日系・外資系企業合わせて8回内定。ムダに転職活動経験が豊富で、転職エージェントを11社利用する。マネージャーとして面接官の経験もあるため、採用する側の論理も理解している。転職完全ガイド(晋遊舎)という本に、わたしの転職ノウハウが掲載される。