わたしの転職日記(2社目・最終回)・久々の最終面接、その結果は?

最終面接 35歳限界

最終面接に行ってきました!

事前準備で緊張し、本番はそんなに緊張しないタイプ

考えてみると最終面接までたどりつくのって、なんと3年半ぶりなんですね・・・書類でいっぱい落とされましたし、面接行ってもだめだったし・・・。自分自身がホントに気合入ってなかったってのもありますが、それでも久しぶりなので、直前までの間、緊張しました。

私の場合は、緊張のピークは本番直前までの1週間、頭の中でいろいろとシミュレーションしている時が緊張して、むしろ面接が始まるとなんか緊張しなくなります。なんていうんでしょう、いろいろと準備している間はあれこれ不安になるんですが、直前になるとあきらめが・・・ここであがいてもどうにもならないって。

事前準備はホントあれこれ考えます、芸人じゃないけどネタも仕込みます。こういうフリが来たら・・・ちょっと面白そうなやつです。笑いがない時もありますが、クスッと笑ってもらえればOKです。

いざ!最終面接

1.事前準備をしっかりし、
2.書類(履歴書、職務経歴書)を机の上におく

ブログで書いたことを、そのまま最終面接でやりました。応接室に入ってきたのは、社長、事業部長、人事部長の計3名。

『おー、3対1かぁ~』

そう思いつつ、座ってくださいって言われるまで立ちつつ、手元を見ると職務経歴書を持ってきているっぽいです。

『それでは自己紹介をお願いします』

いつもここは数秒で駆け抜けます。よくやりがちなのが、ここで3分以上しゃべってしまうことです。めいっぱいのPRもいいのですが、コンパクトにまとめるのが重要なのと、最初は様子見というのもあって数秒で終わりです。

『経歴の方を教えて頂けますか?』

『おー、想定通りキター』 『ではこちらの職務経歴書の上から順番にかいつまんでご説明します。』

みんな書類見ているので、視線を追ってもらうように説明します。職務経歴をスラスラと話したあとで質問されたのは、下記です。

1.志望動機
2.なぜ今の会社を辞めようと思ったか
3.自分自身の強みと弱み
4.今までで最も苦労した仕事、逆に最も成功したことは何か
5.何か質問を3つ

これ全部対策済みでした(笑) あれ、なんかハマり過ぎてて怖い・・・・想定通り面接は進みます。そりゃ今まで何回も面接という修羅場をくぐってきたので、ある程度想定できるわけで、これはうまくいったかな・・・と思ってたところ、想定外の質問をぶつけられました。

『男女の違いって、何だと思う』

ん?なんだろ、この質問は。男性は筋肉隆々で・・・あれ違うな?女性は丸みを帯びてて・・・って、いや違う!ひとりボケツッコミが完了し、自問自答する時間が数秒間、でてきた答えがこちら。

『意識した事ないですね・・・』

あれ、この回答なんか違うな・・・と思ったけど、もう口から出てしまったし。しまったなぁ・・・と思ってたら、次の質問は、

『あなたって結局、どういう人なの?』

ん?どういう人?そう言われると分かんないなぁ・・・

『・・・・』

答えが出ないところで、タイムアップの宣告が。途中まで順調に来てたのに、最後2つで思いっきりひっかかってしまいました。全部をスラスラ答えることだけが面接ではないし、言葉以上に雰囲気や表情というのは重要なので、そこで評価してもらうしかないな・・・・と訳のわからない評価をして、最終面接は終わったのでした。

結果発表

『1週間以内に結果を連絡致します。』

1週間ってずいぶん早いなぁ・・・やはり元上司の紹介というコネだからか?そう思いながら、面接会場を後にしました。エージェント経由で面接を受けた方なら、ここでやることありますよね? そうです!

『面接で何を聞かれたかをメモする』

例えばリクルートエージェント、JACリクルートメントなどの大手エージェントを使って転職する場合、次の応募者のため、またエージェント側のデータベース充実のために、”面接で何を聞かれたか” を必ず聞かれます。私の場合はブログに書くためというのもありますが、実はこれが役に立ちます。この会社が例えダメだとしても、面接で何を聞かれたか記録を残すことで、次に生きます。

で、わたしの方ですが、最終面接から1週間が経過しまして・・・・

『転職苦労人さんに、ぜひ来て頂きたいと思っています』

おぉ~、久々に内定ゲットしました。やったー!最後の想定外の質問にはとまどいましたが、コネを利用して35歳転職限界説の壁を無事突破したのでした!


予想年収と内定がもらえる会社の数を無料診断!その場ですぐわかる転職力診断 @type

スポンサーリンク

最終面接 35歳限界

35歳以上という年齢の壁を突破したい人へ!
キャリアリリース40

元リクナビNEXT編集長が始めた「年齢ではなく実力で勝負できる世界」を目指した転職支援サービスです。

4 件のコメント

  • 転職苦労人様
    はじめまして
    いつもブログを拝見しております。
    当方も現在35歳無職で、失業手当の制限でバイトもせず、うだうだと過ごして無職8ヶ月目です。
    来週面接を控えているので、今からイメージトレーニングをしています。
    直前になると緊張が途切れてしまうのは自分も一緒です(笑)
    履歴書は先方に送付済みなので、職務経歴書だけでもプリントアウトして面接に持参しようかと思っております。
    転職活動の励みになりますので、ブログの更新を楽しみにしております。

  • かわうそさま
    いつもブログみて頂いて、感謝です!!
    私は履歴書控も持っていきますよ、っていうのも履歴書にいかにも質問したくなるようなネタを仕込んでまして・・・・
    無職の時って妙に時間があって、イメトレ ”し放題” なのがいいのか悪いのか・・・これわたしの体験談です。
    これからもよろしくお願いします!

  • レスありがとうございます。
    今ふと思ったのですが、自分で自己紹介をしようと考えたら、
    どうしても経歴の話になってしまいます。
    転職苦労人様はそのときどのような自己紹介をしたのでしょうか?
    恐れ入りますが、差し支えなければ御教授下さい。

  • かわうそさま
    コメント再びありがとうございます!
    わたしの場合は自己紹介はいつも名前を言った後、
    『もしよろしければ経歴書を使って、自己紹介致しますがよろしいでしょうか?』
    といって、ブログエントリ通り書類に誘導します。よろしくない場合は面接官がなんか言ってくるので、それに従います。
    あくまでわたしの場合です・・・・

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    35歳転職限界説を突破して2回内定をGet、5つの会社を渡り歩いたジョブホッパー。人生トータルでは日系・外資系企業合わせて8回内定。ムダに転職活動経験が豊富で、転職エージェントを11社利用する。マネージャーとして面接官の経験もあるため、採用する側の論理も理解している。転職完全ガイド(晋遊舎)という本に、わたしの転職ノウハウが掲載される。