「終身雇用」という考えがもたらす思考停止状態とは?

終身雇用

「一生この会社で働きます!」

これはある意味、思考停止状態になっているのかもしれません。仮に東芝の社員として入社したならば、一流企業としてのステータスや高収入を手に入れることになるわけで、入社した時点で定年まで働くことを確信する人も多いはずです。

しかしその確信が自分自身の理想や未来を奪い、自己犠牲の連続につながります。会社のルールに従っておけばいい、自分はおかしいと思っていても定年まで働くわけだから、郷に入っては郷に従えでいいという完全な思考停止状態に陥ります。

実は身近でおかしな数字が飛び交っていても、まったく目に飛び込んでこないということも起こります。ふつうに考えればおかしいことも、一生働けるという保険に加入した瞬間から、日常に変わってしまうのです。

「常に転職する」 という意識をもつということ

「一生働ける」 と考えるよりも 「この会社はたぶん3年くらいだろうなぁ」 と考えるほうが、いい意味で会社に染まりません。3年後に次の会社に行くと考えておけば、この会社でできることは何だろう?と冷静に考えることができます。

また会社との関係もニュートラルになるので、おかしいことはおかしいと気づくし、そのルールが慣例化していて自分ではどうにもならない場合はすぐ転職を決断できます。

会社に所属しているけれども、その会社にはどっぷりはまらない。一生働きたいと思っていても、どこか俯瞰的に自分自身を見つめる。そういう姿勢を常にもっておかないと、いきなり40代でリストラされたら軌道修正できません。今までのルールは他社では通用しませんし、年齢を重ねたことによって、自分自身が変化に対応できない人になってしまっていることがあります。

一生この会社で働きたい!

そう思っていても、どこかで会社を疑う。自分はいつか転職するかもしれないという意識をもつ。そうすることで思考停止状態から解放され、見えなかったものが見えるようになります。

実は転職してすぐというのは、誰もがおかしな点が見えているんです。しかし 「慣れ」 によって、おかしな点が普通に見えるようになります。下記記事を以前書きましたが、一生この会社で働きたい!という人から学ぶより、転職してきた新人とコミニケーションをとってみてください。思わぬ発見があります。

「外から来てみて、この会社ってどう?」

よくする質問のひとつです。

「転職したばっかりの人」最強説!

2014.06.30


予想年収と内定がもらえる会社の数を無料診断!その場ですぐわかる転職力診断 @type

スポンサーリンク

終身雇用

35歳以上の方のための転職支援サービス
日本全国3万人の経営者にあなたの職歴をダイレクトに打診!



元リクナビNEXT編集長が作ったミドル世代専門の転職支援サービスです。求人を公開していない企業の経営者に、匿名で経歴情報を売り込むことで、あなたの活躍可能性が格段に広がります!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

35歳転職限界説を突破して2回内定をGet、5つの会社を渡り歩いたジョブホッパー。人生トータルでは日系・外資系企業合わせて8回内定。ムダに転職活動経験が豊富で、転職エージェントを11社利用する。マネージャーとして面接官の経験もあるため、採用する側の論理も理解している。転職完全ガイド(晋遊舎)という本に、わたしの転職ノウハウが掲載される。