【転職サイト】ジョブセンスリンクの使用感

ジョブセンスリンク

転職会議というサイトで、なかなか得られない入社前の企業情報を得るということを書きました。そのサイトを運営しているのが、株式会社リブセンスです。社長の村上太一氏は25歳で、国内における史上最年少上場社長で、WBSなどにも出演されていました。かなり優しいやわらかい感じの方です。このリブセンスが運営しているのが、ジョブセンスリンクというサイトです。

ジョブセンスリンクはたびたびメディアでもとりあげられていますが、今までの転職サイトと大きく違う点があります。ここが株式会社リブセンスの躍進のカギにもなっています。

求人広告の掲載料は採用が決まれば課金、さらに最大10万円というお祝い金付

今までは広告枠に対してお金を支払うので、企業も求人募集する際にはコストがかかります。ジョブセンスリンクは、あくまで採用が決まればということで、企業も求人広告を気軽に出すことができます。

求人広告の右上に、こんな画像の感じで、いくらお祝い金がもらえるかが書いてあります。これが結構気になるんです・・・

ジョブセンスリンク

「ジョブセンスリンク」 を使ってみての感想

まずは求人の幅がすごく広いです、ハイランク(上場企業や高年収)の求人もあれば未経験可というのもあり、年収レンジもかなり広いです。ハローワーク採用情報というのがあり、提供元のハローワークも分かるので、ハローワークを使って求人を探している方はこちらでも見ることが可能です。(ハローワークpediaという機能)

スカウト機能もありますので、他の転職サイトと遜色ないです。わたしの場合は職種がすごくせまい人間で、ある程度どこを目指すか決まっているので、そういうタイプの人にはちょっと求人の幅が広すぎるかなぁ・・とも思います。

メディアへの露出も多いので、人事担当者がジョブセンスリンクを選ぶケースが今後増えてくると思います。そういう意味で注目の転職サイトと言えます。

転職ナコウドサービス(電話無料登録)も同時に行っています、そちらに関しては下記に詳しく書きましたのでご覧ください。 

転職サイトなのに電話サポートつき?「転職ナコウド」というサービス転職サイトなのに電話サポートつき?「転職ナコウド」というサービス


予想年収と内定がもらえる会社の数を無料診断!その場ですぐわかる転職力診断 @type

スポンサーリンク

ジョブセンスリンク

35歳以上という年齢の壁を突破したい人へ!
キャリアリリース40

元リクナビNEXT編集長が始めた「年齢ではなく実力で勝負できる世界」を目指した転職支援サービスです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

35歳転職限界説を突破して2回内定をGet、5つの会社を渡り歩いたジョブホッパー。人生トータルでは日系・外資系企業合わせて8回内定。ムダに転職活動経験が豊富で、転職エージェントを11社利用する。マネージャーとして面接官の経験もあるため、採用する側の論理も理解している。転職完全ガイド(晋遊舎)という本に、わたしの転職ノウハウが掲載される。