転職限界年齢の平均は43.4歳

転職限界年齢

WEB版R25の記事で、転職に関して面白い記事があったのでご紹介です。

わたしのブログのタイトルは、35歳からの転職。都市伝説かどうか分かりませんが、一般的に転職は35歳までというところから、わたしの場合は35歳から転職してどうなったの?という実体験をブログにし、今のところですが35歳以降でも転職はできるよ!という実感をもって、日々ブログを書いています。

で記事のタイトルは転職限界年齢は43.4歳って・・・・、35歳なんてまだまだ若い! まずはそう思って、この記事を読み始めました。

一番注目した部分は、

『足切りはしないにせよ、年齢の高さがネックになると考える人事担当者は多い。前述の100人に「年齢が高い応募者は不利になるか?」と聞いてみると、83人が「不利になる」と回答。さらに「何歳を超えると不利になると思うか?」とたずねてみると、こちらも「40歳」がもっとも多く、以下「35歳」、「50歳」という結果に。全回答の平均は40.7歳なので、やはり40歳を超えると転職が難しくなるのは間違いない様子。なかには「30歳」と答えた人事担当者も相当数おり、企業側の「年齢重視」姿勢がうかがい知れる。』

確かに若い人の方が未来もあるし、いろんな事を吸収してくれそうだし・・・でも正直、若年寄もいますし、逆に年齢以上に若い思考な人もたくさんいます。年齢は基準ではないんだよなぁ・・・って自分はいつも思うんですが、たくさんの応募者をふるいにかける人事部の気持ちになれば、年齢は大きな基準になってしまうのも事実。

ちなみにわたしが最近採用した方は46歳、その前に29歳の子と面接したんですが・・・


予想年収と内定する会社数を無料で診断!その場ですぐわかる転職力診断 @type

スポンサーリンク

転職限界年齢

35歳以上という年齢の壁を突破したい人へ!
キャリアリリース40

元リクナビNEXT編集長が始めた「年齢ではなく実力で勝負できる世界」を目指した転職支援サービスです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

35歳転職限界説を突破して2回内定をGet、5つの会社を渡り歩いたジョブホッパー。人生トータルでは日系・外資系企業合わせて8回内定。ムダに転職活動経験が豊富で、転職エージェントを11社利用する。マネージャーとして面接官の経験もあるため、採用する側の論理も理解している。転職完全ガイド(晋遊舎)という本に、わたしの転職ノウハウが掲載される。