「転職サイトを使って」 ブラック企業を見つける方法

ブラック企業 転職サイト

35歳をすぎて転職して、それがブラック企業・・・・それって悲劇ですよね?

ブラック企業っていわゆる低賃金、重労働な会社であり、長時間労働、サービス残業の横行、きっついノルマなど挙げたらきりがない程入社したくない会社です。そういう会社は当然の事ながら、定着率がとにかく低いので、常に求人広告に求人掲載があります。

実際のところそういう会社って、見た事ありますか??私はどの会社にいても、どんな状況でも転職サイトの求人情報を眺めるようにする習慣がありますので、その経験談ですが

こういう会社、結構ありますよ!!

信じられないかもしれませんが、2年経っても3年経ってもまたこの求人出てるよ!ってのが、本当によくあります。あのスポーツメーカーとか、ある化粧品会社とか・・・びっくりします。

私のブラック企業チェック方法(転職サイト編)

1.まずは転職サイトに登録をしておく(ブログ左側にお薦め転職サイトがありますので、どれでもいいかと)
2.転職サイトには求人メルマガ配信機能があるので、これにも登録
3.定期的にメルマガを見る。毎週メルマガを見る必要はないです、逆に1年とか空けてもいいかもしれません。

35歳も過ぎてくると、ある程度自分のスキル、キャリア、職種、業種も決まっていると思います。そこがまたメリットなのですが、メルマガを登録する時に細かく条件を登録しておくと、求人も絞られます。そうすると大量の求人から抽出された条件が定期配信されてきて、それをたまーに見ると、あれ?また募集してるみたいなのに遭遇します。

私のブラック企業チェック方法(会社情報編)

過去に 転職会議で転職前に会社情報を入手する というブログを書きました、こういうOBや現役の声を拾うのも有効です。ブログ左側のvorkersもかなりお薦めです。

ブラック企業を回避?6つの 「転職口コミサイト」 をまとめてみた!ブラック企業を回避?6つの 「転職口コミサイト」 をまとめてみた!

私のブラック企業チェック方法(エージェント編)

信頼できる転職エージェントに聞くというのもありますが、これは”信頼できる”でないとだめです。向こうも売上ノルマがあるので、無理やり押し込む悪いエージェントも事実います。どのエージェントという事ではなく、エージェントの人柄が重要ですが、これは長く付き合わないと分かりません。

ちなみに私の体験談ですが・・・・

元上司の紹介で入社するという、最もブラックを回避できる環境にいながら、結果ブラック企業に入ってしまいました。知人がいる場合は、役職が同ランクであったり、部署が同じだったりという・・・かなり近い環境にいる知人でないと意味がないです。また経営者や上司が変わっているケースも要注意です、以前はこうだったという情報で入社したものの、まるで違うって事は本当にあります。友人がこれにひっかかってしまいました。

会社の雰囲気を知るには知人に聞くっていうのはとても効果的ですが、その上司自体が誰でもいいから人を探しているってケースもあります。わたしのようにならないよう、気をつけてくださいね。


予想年収と内定がもらえる会社の数を無料診断!その場ですぐわかる転職力診断 @type

スポンサーリンク

ブラック企業 転職サイト

35歳以上という年齢の壁を突破したい人へ!
キャリアリリース40

元リクナビNEXT編集長が始めた「年齢ではなく実力で勝負できる世界」を目指した転職支援サービスです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

35歳転職限界説を突破して2回内定をGet、5つの会社を渡り歩いたジョブホッパー。人生トータルでは日系・外資系企業合わせて8回内定。ムダに転職活動経験が豊富で、転職エージェントを11社利用する。マネージャーとして面接官の経験もあるため、採用する側の論理も理解している。転職完全ガイド(晋遊舎)という本に、わたしの転職ノウハウが掲載される。