心地いいソファに座ると、重い腰は上がらない

ある日、家具売り場に行ったら、とても座り心地のいいソファがありました。

試しに座ってみたところ、あまりにふかふかでソファに座ったまま動くことができなくなり、ボーっとお店の天井を眺めていました。

「あぁ~、気持ちいいなぁ~」

「・・・・」

頭をよぎったのは、なぜか会社員生活。なんか心地いいなぁ・・と思ったら最後、ソファはどんどん沈んでいって本当に腰が上がらなくなるシーンが頭を駆け巡ったのです。

そのままイメージするならば、それこそソファでお仕事をする役員クラスの人。フットワークの軽さは消え、どんどんソファに沈み込んでいく姿をまず思い浮かべました。次に今が心地よくて、現状維持だけを目指すベテラン社員。お尻がソファにめり込んでしまって、これまた身動きが取れない状態を思い浮かべました。

そしてシルバーウィークの会社員の皆さまも、頭をよぎりました。休みというソファに座ったら最後、立ち上がりたくないですよね・・・できることなら、このまま10日間くらいは座っていたい・・・そんな気持ちに休み後半に突入すると、考えたくなります。

「しばらくこのまま座って、ゆっくりしていこうかなぁ・・・」

家具売り場でそう思った瞬間、こんな妄想が頭を駆け巡りました。

このブログもこういった連休中はアクセス数が激減します。ブログ読んでしまうと、仕事の事を思い出してしまうからだと思います。やはり仕事が嫌いな人が多いんだなぁ・・・って思います。

どんな立場であれ、どんなに社歴が長くなったとしても、さらにどんなに休みが長くなっても、ソファから立ち上がれる状態にしておかないといけないなと。中腰でいつでも動けるような状態にしておくことが、健全だよなぁって思いました。ソファのスプリングがバカになっていることを気づかない、もっと機能性の高いいいソファが発売されていることに気づかない、そんな人間にはなりたくないと考えた家具売り場の一コマでした。


予想年収と内定がもらえる会社の数を無料診断!その場ですぐわかる転職力診断 @type

スポンサーリンク

35歳以上という年齢の壁を突破したい人へ!
キャリアリリース40

元リクナビNEXT編集長が始めた「年齢ではなく実力で勝負できる世界」を目指した転職支援サービスです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

35歳転職限界説を突破して2回内定をGet、5つの会社を渡り歩いたジョブホッパー。人生トータルでは日系・外資系企業合わせて8回内定。ムダに転職活動経験が豊富で、転職エージェントを11社利用する。マネージャーとして面接官の経験もあるため、採用する側の論理も理解している。転職完全ガイド(晋遊舎)という本に、わたしの転職ノウハウが掲載される。