「大企業の倒産や早期退職」 で忙しくなるのが人材紹介会社

倒産

大手企業の早期退職者募集のニュースは、今では全く驚かなくなったのですが、正直それってわたしには影響ない!って思っている人が多数です。
さてここで質問です。こういう時に忙しくなる会社って、どこだと思いますか? 

そう、人材紹介会社です。

転職エージェント(人材紹介会社)となぜかこういうタイミングで会うことが多いわたしなのですが、大手企業が特に倒産した時に「今、忙しいですか?」と聞くと、忙しいと答えます。大企業から放出された人がこぞって、人材紹介会社(エージェント)を使うようになるからです。

1997年の山一證券のとき、2009年のリーマンショックの時・・・どちらもわたしは転職活動時期とかぶってまして、その都度人材紹介会社のコンサルタントは、

『いやぁ・・・たくさんの人がいま、仕事を探してますよ』と。

正直、そんな状況いやですよね?ライバルが増えるから。わたしは過去2度ともそのライバルたちとの戦いを強いられましたが、結果業種も職種もかぶってないので、最終的には影響なしでした。

が・・・・・

書類選考の時は影響あるなぁ・・・正直思いました。ライバルがそこにいるんです・・・、異業種へも転職活動を広げてきます。さらに私たちは35歳以上の転職希望者。大企業を放出されたライバルと、世代までもかぶっています。

少しだけ覚悟(ライバルが多い戦場に飛び込む)をもって、今の転職活動に臨んでください!転職活動は最終的には各個人vs募集企業という点であり、こういった大企業ニュースのようなマクロ感は関係ありません。それを心に留めて転職活動すれば、道は開けます。

山一を辞めた子が、入社してみたら同期だったという事はありますよ、業界ちがうからびっくりしましたけど。テレビでニュースになるような企業が倒産したら、間違いなく人材市場や転職市場は活況化しますので、要注意ですよ!


予想年収と内定する会社数を無料で診断!その場ですぐわかる転職力診断 @type

スポンサーリンク

倒産

35歳以上という年齢の壁を突破したい人へ!
キャリアリリース40

元リクナビNEXT編集長が始めた「年齢ではなく実力で勝負できる世界」を目指した転職支援サービスです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

35歳転職限界説を突破して2回内定をGet、5つの会社を渡り歩いたジョブホッパー。人生トータルでは日系・外資系企業合わせて8回内定。ムダに転職活動経験が豊富で、転職エージェントを11社利用する。マネージャーとして面接官の経験もあるため、採用する側の論理も理解している。転職完全ガイド(晋遊舎)という本に、わたしの転職ノウハウが掲載される。