35歳過ぎて「異業種」への転職活動を実際やってみたらこうなった

異業種転職

今日は異業種転職、しかも35歳を過ぎた人の畑違いの仕事についての話です。

1.無謀と思われる35歳以上の 「異業種転職」

私の職歴に対して、面接官がよく言うのは、『ずいぶん異業種転職をなされてますね』 と。何回も言われた事があるんですが、決まって私は『一貫性』を主張します。

最終ゴールがはじめから決まっていて、それを達成するための経験だと。実際はゴールは何も決まってないんですが、とにかくストーリーを作り上げること!これが大切です。

面接前に何度も何度も自分自身に暗示をかけて、ひとり模擬面接をして、本当にゴールを決めてキャリアアップしてきたかのような自分を作り上げます。不思議と今までこれで成功してきました。『一貫性』が正しいと思う人事の方が多いので、こうしています。(本当は『柔軟性』が大切だと、わたし自身は思って生きています)

2.35歳過ぎて 「大学職員」 や 「公務員」 に応募してみるという無謀

民間の会社勤めしかしていない私が、35歳を過ぎて大学職員、公務員というまさかの挑戦をしました。いずれも失敗はしてしまったのですが、大学職員の方はかなりの倍率をくぐり抜け最終面接までたどりつきました(最終で落ちましたけど)民から官へ、しかも35歳を過ぎて・・・でも挑戦して得られたものもありました。

得られたこととは、この経験に興味がある人が多くって、ブログのアクセスが増えたことです。あとは民とは違う官のつらさ・・・これは体験談を持ち合わせてないのですが、情報を集めるなかで決して官がラクというわけではないことも分かりました。なんとなくラクそうだから官へ という発想で異業種転職はしない方がいいです。想像以上に大変な世界です。

3.異業種転職は、結局は会社の状況による

会社に歳よっては、35歳前後の世代の人員が極端に少なくって、どうしてもその世代が欲しいという事があります。また、平均年齢が40代後半の会社だったなら、35歳は若く魅力ある人材ととらえてくれます。一般的には35歳からの異業種転職はムリ!って思われがちですが、そんなことはありません。確率は低いかもしれませんが、一歩踏み出すかどうかだけの差だと私は思います。

日系企業や大企業などであるジョブローテーション。あれも異業種への異動だと思うのですが、あちらは許されるのに転職時は許されないんですよね・・・雇用の流動性がもっと活発になって、企業を超えたジョブローテーションが許される日本・・・そんな日が待ち遠しいです!!

異業種への転職可能性UP(リクナビNEXT)


予想年収と内定がもらえる会社の数を無料診断!その場ですぐわかる転職力診断 @type

スポンサーリンク

異業種転職

35歳以上の方のための転職支援サービス
日本全国3万人の経営者にあなたの職歴をダイレクトに打診!



元リクナビNEXT編集長が作ったミドル世代専門の転職支援サービスです。求人を公開していない企業の経営者に、匿名で経歴情報を売り込むことで、あなたの活躍可能性が格段に広がります!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

35歳転職限界説を突破して2回内定をGet、5つの会社を渡り歩いたジョブホッパー。人生トータルでは日系・外資系企業合わせて8回内定。ムダに転職活動経験が豊富で、転職エージェントを11社利用する。マネージャーとして面接官の経験もあるため、採用する側の論理も理解している。転職完全ガイド(晋遊舎)という本に、わたしの転職ノウハウが掲載される。