「冬のボーナス支給日」は年間で求人が最も多い3月転職のスタート日と考えよう!

冬のボーナス支給日

1年間で求人が最も多いと言われている3月まで、残り3か月。内定をもらうのに最低2か月~3か月かかること、年末年始は企業がお休みに入ってしまうことを考えると、ここで転職活動をしておかないと最大のチャンスを逃すことになります。

1.冬のボーナスが支給される日の攻防

多くの企業で、今週から来週にかけて冬のボーナスが支給されます。12月10日頃に集中しており、この前後で転職希望者はいろいろと悩みます。

・ボーナス支給日に在籍してないと、支給対象にならないから我慢して在籍しよう
・ボーナス支給日前に辞表を出すと、査定に響くからまだ退職の意志は伝えないでおこう

会社によってまちまちですが、多くの会社はボーナス支給の基準となる評価対象期間があるので、そこで在籍していればボーナスは支給されます。ところが上記のような会社もゼロではないので、社内規定とにらめっこしながらも万が一を想定して、辞意を伝えないで我慢している人もかなりいます。これが冬のボーナス支給日の攻防です。

2.ボーナスが支給されたら、いざ転職スタート!

ボーナスも支給されたし、いざ転職!と思ったところに年末年始がやってきます。個人の転職エージェントなどは長期休暇をとる人も多いので、実質残り10日前後しか転職活動ができません。それでも転職エージェントに登録したり、転職サイトへエントリーすることは可能なので、転職を検討している人は1日も早く動き出すべきです。

こちらがDODAの調査した年間で中途採用が活発になる時期を、月別・職種別で紹介している記事になります。ほとんどが3月・9月ピークとなっていますが、中にはイレギュラーな職種もあります。

このデータで注目すべきは4月。意外と4月に入っても、GW前までは採用活動が活発です。転職活動がスムーズにいかなかったとしても、1か月は余裕があります。それ以降は減ってしまうので、最後の駆け込み時期は今と言えるでしょう。

転職活動を始めるチャンスは今!中途採用が活発になる時期 |転職ならDODA(デューダ)転職活動を始めるチャンスは今!中途採用が活発になる時期 |転職ならDODA(デューダ)

ちなみにわたしですが、冬のボーナス支給日前後で辞表を提出することが最も多いです。年末年始はすっきりした気持ちで迎え、1月は引継ぎ、2月は有給消化と入社日というパターンでいつも転職しています。


予想年収と内定がもらえる会社の数を無料診断!その場ですぐわかる転職力診断 @type

スポンサーリンク

冬のボーナス支給日

35歳以上という年齢の壁を突破したい人へ!
キャリアリリース40

元リクナビNEXT編集長が始めた「年齢ではなく実力で勝負できる世界」を目指した転職支援サービスです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

35歳転職限界説を突破して2回内定をGet、5つの会社を渡り歩いたジョブホッパー。人生トータルでは日系・外資系企業合わせて8回内定。ムダに転職活動経験が豊富で、転職エージェントを11社利用する。マネージャーとして面接官の経験もあるため、採用する側の論理も理解している。転職完全ガイド(晋遊舎)という本に、わたしの転職ノウハウが掲載される。