「現役100歳サラリーマン」の幸せな生き方のはなし

これまで書いてきた2つの記事、

わたしを勇気づけた50歳の方の転職ばなし
「70歳の仕事探し」ハローワークに行ってみた!

は、人生の先輩である50代、70代の世界を見る事で、『30代、40代での苦労なんて、たいしたことない!まだまだ若い!』 そんなメッセージを込めた内容だったんですが、つい先日、”101歳” の福井福太郎さんが本を出版されました。

題して、

名前も素敵な福井福太郎さん、本のタイトルと少し違うんですが、現在御年101歳でありながら、現役のサラリーマンなんです!東京宝商会(宝くじの経理のお仕事)に、ななんと、70歳で転職!先輩!ステキすぎますっ!

今年から非常勤になったそうですが、未だに東海道線で毎日通勤。49歳でサラリーマンに転身し、70歳で現在の会社に再就職って、先輩!数字がおかしくないですか??って言いたくなるような時に転機が訪れています。

わたしが一番驚いたこと、それは福井さんがYoutubeで話す姿でした。この話を最初に知った時、わたしの心の中の悪魔はこう囁きました。

『101歳にもなる方だから、”形だけの” サラリーマンじゃないの?』って。

でも、Youtubeで話している福井さんを見て、もう土下座です! 『ほ、ほんと申しわけありません!』って。わたしの祖母は90歳になるんですが、ベットで寝たきりです。しかも認知症なので、会話も同じ事しかいいません。それよりも10歳も年上な福井さんが、このしゃべりですよ・・・間違いなくバリバリの現役です!福井さん!

祖母と比較してしまった、わたし。身近なところに比較する人がいたので、福井さんのお姿を見た時は、ホントびっくりしすぎてしまって、言葉になりませんでした。100歳の方を想像する時、相当耳が遠かったり、ほぼ会話にならない画を想像するのではないでしょうか?

日々のお仕事、そして転職活動で悩みを抱えているみなさま!福井さんのお姿を見ると、いかに自分の悩みが小さいかを思い知らされます。健康の大切さ、人脈の大切さ、そして生涯現役でいる事が、現在の福井さんを作っているんだってことが、本当によく分かります。

わたしが福井さんを知ったのは、たしか読売新聞?だったかと思います。この本を出版するということで、再び盛り上がりを見せています。書籍は2013年5月23日発売なので、まだ1週間も経ってませんが、きっとメディアへの露出もさらに増えるんじゃないでしょうか?

50代、70代の世界を見て、わたしはまだ若い!って思ってましたが、上には上がいるんですよね・・・さすがにこれ以上の上はもういないでしょうね。すごいなぁ・・・

日経オンライン:100歳までサラリーマンでいられて、ありがたいよ
福井福太郎さん、ずっと必要とされる理由(1) → 会員登録しないと全部読めません
http://business.nikkeibp.co.jp/article/book/20130510/247856/


予想年収と内定がもらえる会社の数を無料診断!その場ですぐわかる転職力診断 @type

スポンサーリンク

35歳以上という年齢の壁を突破したい人へ!
キャリアリリース40

元リクナビNEXT編集長が始めた「年齢ではなく実力で勝負できる世界」を目指した転職支援サービスです。

1 個のコメント

  • すごいですね・・・。とっても3桁のお歳の方とは思えません。
    あえて3桁と書いたのは、一体何歳まで現役でいられるのか、
    想像が付かないからで・・・。
    しかし人生って不思議ですね。
    人間も自然の一部ですし、調子よい時期、悪い時期が
    あるわけですし。
    ただ、それを生かして対策できれば、越したことないですね。
    ちょっと極端な知り方かも知れませんが、
    birthday-energy.co.jp
    の運命2013とは、人間も自然の一部という発想を取り入れて
    いるみたいです。
    10年、1年、1ヶ月、1日単位でどんな事が起きるか、自分の性格、
    今後の方向性をも確認することが出来るそうです。
    転機もばっちり分かっちゃうって事は、転職に有利な時期も
    わかりやすいって事ですね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    35歳転職限界説を突破して2回内定をGet、5つの会社を渡り歩いたジョブホッパー。人生トータルでは日系・外資系企業合わせて8回内定。ムダに転職活動経験が豊富で、転職エージェントを11社利用する。マネージャーとして面接官の経験もあるため、採用する側の論理も理解している。転職完全ガイド(晋遊舎)という本に、わたしの転職ノウハウが掲載される。