20年以内に、日本の労働人口の49%の仕事が「機械化」される

仕事の機械化

先日のクローズアップ現代のお題は、「仕事がない世界がやってくる」でした。

“仕事がない世界”がやってくる!?  - NHK クローズアップ現代“仕事がない世界”がやってくる!? – NHK クローズアップ現代

Airbnb や Uberなどのサービスが台頭し、アメリカではタクシードライバーが失業していると。シンギュラリティ大学 ポール・サフォー教授はこう言います。

5年、10年後には自分の仕事がなくなることが当たり前になります。爆発的な変化が続いていくでしょう。今起きている革命の前では、企業のトップでさえ無関係ではいられないのです。
引用元:http://www.nhk.or.jp/gendai/kiroku/detail02_3782_all.html

いくら生産性をアップさせても、豊かさにはつながらない時代がきていると番組では紹介されていました。スウェーデンでは、収入を守るために労働時間を短縮した話が紹介されていました。

日本で言えばつい先日、味の素が労働時間を1日あたり20分短くするというニュースがありました。会社側ではなく、労働組合側がベアアップを捨てて、時間短縮を要求したというところが面白いです。子育て、外国籍のためにも働きやすい環境をということらしいです。

ちなみにタイトルの、20年以内に、日本の労働人口の49%の仕事が「機械化」される は野村総研が試算したもので、具体的な職種は下記記事を読んでみてください。単純作業は機械化され、クリエイティビティが要求される職種は残るという感じの分け方です。

 日本の労働人口の49%、人工知能・ロボットで代替可能に 10〜20年後 NRI試算 - ITmedia ニュース 日本の労働人口の49%、人工知能・ロボットで代替可能に 10〜20年後 NRI試算 – ITmedia ニュース

この先、何を目指すのか?

「35歳からの転職」というブログなので、20年後の55歳になる頃には「人間ができる」仕事はかなり減るということになります。会社員としてもし生き残ることを考えるならば、クリエイティブな仕事をすることが生き残る手段になります。

いきなり芸術家になれとか、コピーライターに転職するとかそういうことではなく、「自分でないとできない仕事」を確立する必要があるということです。「セルフブランディング」と言いますが、いわゆる社名や看板ではない、その人が持つ価値を追求しておかないと機械にとって代わられたり、優秀な人間にそのポジションを奪われることになります。

番組や野村総研の話をどこか他人事と感じる人と、時代の変化を感じ取って今から少しずつ動く人では、20年後に大きな差が生まれます。時代について行くとか、取り残されないようにというよりかは、変化を楽しむことができるかどうかにかかっていると思います。思わぬ軌道修正を強いられたとしても、流れに乗れるゆるさをもつことがこれからの時代大切になりそうです。

わたしも3年前くらいから、少しずつセルフブランディングを意識して動くようにしています。


予想年収と内定がもらえる会社の数を無料診断!その場ですぐわかる転職力診断 @type

スポンサーリンク

仕事の機械化

35歳以上という年齢の壁を突破したい人へ!
キャリアリリース40

元リクナビNEXT編集長が始めた「年齢ではなく実力で勝負できる世界」を目指した転職支援サービスです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

35歳転職限界説を突破して2回内定をGet、5つの会社を渡り歩いたジョブホッパー。人生トータルでは日系・外資系企業合わせて8回内定。ムダに転職活動経験が豊富で、転職エージェントを11社利用する。マネージャーとして面接官の経験もあるため、採用する側の論理も理解している。転職完全ガイド(晋遊舎)という本に、わたしの転職ノウハウが掲載される。