いろんな会社の転職サイトが「リクナビ化」しつつある!

リクナビ化

ちょっと前の転職サイトって、「とにかく求人数がいっぱいあればいい」ということで、「求人数No.1」とか「毎日更新」ということをして競い合っていた感がありました。

唯一違っているなぁと思ったのが、リクナビNEXT。他にはない、圧倒的なコンテンツ量があって、転職や面接についてのノウハウがたくさん掲載されていました。ところが最近はどの転職サイトも、リクナビ化していて転職コンテンツを豊富にして競い合っています。

以前、ジョブセンスリンクさんが検索エンジンのペナルティを受けて、集客が減少するというニュースがありましたが、要は転職サイトの集客は、以前のような手法ではなく、リクナビが昔からやっていた「コンテンツ」を充実させて集客しようという転職サイトが増えてきました。

パソナキャリアのコラム「はたラボ」

そんな中、たまたま見つけたコラムがこちら。

人気ラッパーDOTAMAさんが解説! ビジネスシーンで「気の利いたことを言う」「上手い切り返しをする」方法 - はたラボ ~働くコト研究所~人気ラッパーDOTAMAさんが解説! ビジネスシーンで「気の利いたことを言う」「上手い切り返しをする」方法 – はたラボ ~働くコト研究所~

ビジネスシーンを円滑にするために、また、ピンチを乗り切るために、あるとうれしいのが「気の利いたことを言う」「上手い切り返しをする」スキルだろう。しかし、どうすれ…

 

ラッパーにビジネスシーンのことを聞くという違和感と、内容の面白さ・・・いったい、誰が書いたのだろうと思ったら、元株式会社LIGの編集長の朽木誠一郎さんでした。月間PV(ページビュー)数、600万回(もっと上をいったかも)を記録したサイトの編集長で、当時コンテンツが面白いと思って、読んでいた方でした。

パソナキャリア  さんは、ちょっとしかお世話になってない転職エージェントなんですが、こういう面白いコンテンツが増えていくとつい読んでしまいそうです。もちろんそれが狙いだと思いますが・・・

エン・ジャパンの「ミドルの転職」というサイトにも、ためになるコンテンツNEWSが定期的に掲載されています。

ミドルの転職NEWS|【ミドルの転職】エンジャパンミドルの転職NEWS|【ミドルの転職】エンジャパン

 

この「35歳からの転職」というブログも、コンテンツを重視したブログで2008年よりやっておりますが、妙なカタチでライバルがどんどん増えてきました。ユーザーの皆さまから見れば、中身のある転職コンテンツが増えたということでいい時代が来たとも言えます。各転職サイトのコンテンツの充実=リクナビ化と、わたしは呼んでいます。


予想年収と内定する会社数を無料で診断!その場ですぐわかる転職力診断 @type

スポンサーリンク

リクナビ化

35歳以上という年齢の壁を突破したい人へ!
キャリアリリース40

元リクナビNEXT編集長が始めた「年齢ではなく実力で勝負できる世界」を目指した転職支援サービスです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

35歳転職限界説を突破して2回内定をGet、5つの会社を渡り歩いたジョブホッパー。人生トータルでは日系・外資系企業合わせて8回内定。ムダに転職活動経験が豊富で、転職エージェントを11社利用する。マネージャーとして面接官の経験もあるため、採用する側の論理も理解している。転職完全ガイド(晋遊舎)という本に、わたしの転職ノウハウが掲載される。