仕事のパフォーマンスが最高になるのは「辞表を出すと決めたとき」

仕事のパフォーマンス

「あぁ・・・もうダメだ!こんな会社、辞めてやる!」

こんな思いに、今まで何度なったことでしょう・・・10回?いや、軽く100回はそう思いました。そのうちの95%以上は、辞めてやると思っても辞表を書くこともしないし、結局はガマンして翌日オフィスに向かいます。残り5%は辞表を書いて、いつ上司に渡そうか・・・それだけを考えているという時期がありました。

辞表を出してしまうと、同僚や上司からは何をやっても、

「どうせ、来月には辞めちゃうんだよね~」

どんなにいいアイディアも、そのときすごい業績を残したとしても、すでに他人扱い。辞表とはそういうもので、辞表の提出が縁の切れ目になってしまうのです。

辞表を出したときのあの「解放感」

みなさんは辞表を書いてから、提出までどれくらいの期間を要しますか?わたしの場合は、頭の中で悶々とするのは半年とか1年、2年くらい悩む時期はありますが、辞表を書いてしまったら翌日には提出してしまうタイプです。

辞表を出したときのあの「解放感」はいつも爽快で、いろんな会社のしがらみが溶けて消えていくような気がして、肩の荷が下りるといいますが、辞表を出したときはそのコトバを本当に実感します。

辞表を出すちょっと前、辞めると決断して、いつ辞表を提出しようかという時期は、不思議といろんなアイディアが湧いてきます。力が抜けて、いい状態になっているらしく、新しいビジネスの構想がいろいろと浮かびます。

という自分の特性を知ってからというもの、「いついつには辞めてやる!」という意識をおいて仕事に臨む癖がついていました。どうせ1年後には辞めるのだから、そこまでは頑張ろうと自分をごまかしながら働いていました。マラソンでもゴールテープが見えない状態というのは、疲れだけがやってきて、頑張りようがなかったりします。

しかし、仮のゴールテープ(辞めると仮設定する)ことで、そこまでは頑張ろうと自分を鼓舞することができます。そんなごまかしをしなくてもいい状態で働けることが理想ですが、やはり辞表を出す!と決めた時は、そこまでは頑張るぞ!という気持ちから、仕事のパフォーマンスが急激にあがる気がしてなりません。


予想年収と内定がもらえる会社の数を無料診断!その場ですぐわかる転職力診断 @type

スポンサーリンク

仕事のパフォーマンス

35歳以上の方のための転職支援サービス
日本全国3万人の経営者にあなたの職歴をダイレクトに打診!



元リクナビNEXT編集長が作ったミドル世代専門の転職支援サービスです。求人を公開していない企業の経営者に、匿名で経歴情報を売り込むことで、あなたの活躍可能性が格段に広がります!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

35歳転職限界説を突破して2回内定をGet、5つの会社を渡り歩いたジョブホッパー。人生トータルでは日系・外資系企業合わせて8回内定。ムダに転職活動経験が豊富で、転職エージェントを11社利用する。マネージャーとして面接官の経験もあるため、採用する側の論理も理解している。転職完全ガイド(晋遊舎)という本に、わたしの転職ノウハウが掲載される。