【リクナビNEXTのスカウトメール】プライベートオファー以外は価値なし!

スカウトランキング

リクナビNEXTの中のコンテンツで、

登録者-スカウトランキング(リクナビNEXT:今月)
人気の経験・スキルランキング(リクナビNEXT:今月)

という2つのページは、ある意味対照的なページです。

35歳を過ぎてもニーズがあるスキルを探す

「登録者 – スカウトランキング」は、単純に 「どういう年収で、どういうスキルをもった人がオファーをいっぱいもらって、企業からレジメを検索されるか」 が分かります。35歳以上の方はほぼ出てこないんですが、ここから読み取れるのが、

「20代後半~30代前半で、スキルはあるけどまだ年収が高騰していない人」

を企業は採りに来ています。これってなんか株式投資みたいですよね・・・成長する見込みはあるけど、株価(年収)が思ったほど上昇していないから、その株(人材)を買う・・・

まぁこれは普通の話だと思うんですが、このランキングに ”35歳以上の猛者” が、たまにランクインしています。どちらかというと、こちらに注目して見ています。例えば下記の画像の方、

職種ランキング

この方、38歳で年収1050万にも関わらず、第4位なんですよね。薬事申請ができる人材が市場には少なく、希少価値の高い人材と言えます。

「年齢を重ねても、年収が上がっても、スカウトがある職種やスキルってどういうのだろう?」

そういう目で見るのが面白くて、定期的にアクセスしてしまうページです。こういった方をブルーオーシャン(競争相手のいない領域)人材というならば、もうひとつのページはまさにレッドオーシャン・・・競合相手が多い、血で血を争うページです。

今までどういうキャリアを積んできた人に、企業はスカウトをかけるのか?

最初に紹介したページは、あくまで個人をターゲットにしたお話です。こちらは全体感として、

「どういうキャリアを積んだ人が、スカウトメールをもらいやすいか」

というページです。年収や年齢も分かりません、あくまでどういうキャリアを積んでいるかという視点のみです。スカウトメールが一番来るのが、営業・事務・企画系です。1ヶ月に出したオファー数がなんと87万件。2番目の電気、電子、機械技術者が約18万件ですから、約5倍のオファーが飛び交ってます。

「経験職務」 という欄にランキングで並んでいるんですが、1位は不動産・ハウスメーカー。4位にも土地売買業ということで、不動産系の営業は常にニーズが高いということが分かります。6位~9位も不動産関係です。2位には職種に関係なく、営業メンバー。3位も同じく職種に関係なく、営業リーダーです。

営業という職種は実は個人差がものすごくあるんですが、ひとくくりで ”営業職” って思われてしまいがちですよね。ものすごく奥深いお仕事だと思うのですが、競争相手はものすごく多いです。まさにレッドオーシャンな職種と言えます。

この2つのページが対照的なので、眺めながら考えてしまうんです・・・スカウトを実施している企業は、希少なスキルを持った人材を狙ってスカウトするケースと、とにかく人材確保第一でスカウトするケースの2つがあるんだと。

最後に・・・スカウトメールがたくさん来ると、なぜか自分の市場価値が高くなったような錯覚に陥りますが、プライベートオファー以外はあまり価値がありません。興味通知オファー、オープンオファーは意味がない理由を、下記公式サイトでチェックしてみてください。

3種類のオファーの違い(リクナビNEXT)


予想年収と内定がもらえる会社の数を無料診断!その場ですぐわかる転職力診断 @type

スポンサーリンク

スカウトランキング

35歳以上という年齢の壁を突破したい人へ!
キャリアリリース40

元リクナビNEXT編集長が始めた「年齢ではなく実力で勝負できる世界」を目指した転職支援サービスです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

35歳転職限界説を突破して2回内定をGet、5つの会社を渡り歩いたジョブホッパー。人生トータルでは日系・外資系企業合わせて8回内定。ムダに転職活動経験が豊富で、転職エージェントを11社利用する。マネージャーとして面接官の経験もあるため、採用する側の論理も理解している。転職完全ガイド(晋遊舎)という本に、わたしの転職ノウハウが掲載される。