面接で緊張しない7つの心得「正解なんてどこにもない!」

面接で緊張

「面接で緊張しない方法」について、実体験に基づいて6つほどこのブログでご紹介してきました。

  1. 一期一会だと考える
  2. 失敗は、次の面接のための準備だと思う
  3. 序盤で失敗しても1分プレゼンではないので、後半で取り返すことができる
  4. 面接のこの瞬間よりも、大変だったときのことを思う
  5. 面接という場数をとにかく踏む
  6. 履歴書や職務経歴書を机に置いて、面接官との一体感を作る

わたしは、面接が行われる1週間前のほうがむしろ緊張するタイプで、会場についていざ面接が始まってしまうと、あまり緊張しません。これら6つの考えを持って実践しているからで、失敗してもいいやという気持ちを常に持っています。

それぐらいの余裕がないと、「地頭のよさ」を発揮できないというのもあります。面接の前に模範解答を丸暗記していって、全く違う質問をされて玉砕したという方、結構いらっしゃるのではないでしょうか?暗記することで、余裕がなくなり、それを発揮することだけに集中してしまって、雑談すらできないなんて方もいます。とにかく精神的な余裕を作ることが大切だと、わたしは思います。

面接で緊張しない7つ目の心得「正解なんてどこにもない!」

面接に臨む際、よく模範解答をネットなどで探す方がいらっしゃいます。それをカスタマイズして、自分の回答にして面接で発表する方もいます。模範解答って、はっきり言うと模範でも何でもないです。正解だと思っている答えこそ、不正解だったということがよくあります。

面接官もバカではないので、その模範解答を何度も聞いています。もし答えた内容が他の模範解答と合致してしまった時点で、それは模範でも何でもない不正解な答えになります。

そう考えると、初めから模範解答をネットで見ないことが正解で、下手にみてしまうとそれを意識し過ぎて自分の考えを寄せにいってしまったり、逆に同じにならないように変なカスタマイズをしてしまったりして、余計な緊張を生むことになってしまいます。

結局、面接における正解なんてどこにもありません。自分が今まで築いてきたキャリアを、ありのまま話すことが正解であって、うまく言おうとすること自体、緊張の元になっています。正解探しなんて、するだけムダです。

もし35歳だとしたら、大卒の人は13年間という長い時間キャリアを積んで来たわけです。それは大きな自信でもあるわけで、変な正解を求める必要はどこにもありません。余計な面接対策をして緊張するぐらいなら、自分のやってきたことをもう一度振り返って自信を持つべきです。それだけの誇るべきキャリアを、あなたは持っています!!

面接の心得・鉄則6カ条(リクナビNEXT)


予想年収と内定する会社数を無料で診断!その場ですぐわかる転職力診断 @type

スポンサーリンク

面接で緊張

35歳以上という年齢の壁を突破したい人へ!
キャリアリリース40

元リクナビNEXT編集長が始めた「年齢ではなく実力で勝負できる世界」を目指した転職支援サービスです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

35歳転職限界説を突破して2回内定をGet、5つの会社を渡り歩いたジョブホッパー。人生トータルでは日系・外資系企業合わせて8回内定。ムダに転職活動経験が豊富で、転職エージェントを11社利用する。マネージャーとして面接官の経験もあるため、採用する側の論理も理解している。転職完全ガイド(晋遊舎)という本に、わたしの転職ノウハウが掲載される。