人工知能(AI)が人材採用をし、面接官ごとの評価実績が分かる「ハーモス(HRMOS)」

HRMOS AI

ビズリーチが戦略人事クラウド「HRMOS(ハーモス)」を発表し、第一弾としてHRMOS採用管理を2016年6月14日にリリースしました。勤怠管理、評価管理も順次リリースするそうです。

ビズリーチのプレスリリースには、こう書いてあります。

全てのモジュールが連動しながら、人工知能(AI)によって、人事担当者の意思決定を支援していく予定です。人事関連のデータを一元管理しながら、自社で活躍する人材の行動や成果を人工知能が学習し、戦略的な人材活用をサポートしていきます。
引用元:http://www.bizreach.co.jp/pressroom/pressrelease/2016/0614.html

ハーモスの2つの特徴

ハーモスが面白いなぁと思った点は、2つ。

  1. 面接官自体の評価をする
  2. 書類選考で見落としがちな候補者を、人工知能のディープラーニングで見つけて提案してくれる

「あの人はいつもいい人を採用する」という話は、採用している人の中でなんとなく情報共有されていますが、感覚的なものが多く、その面接官が会社で信頼度が高ければ、なんとなくその人はいつもいい人を採用していると考えられがちです。そういったものを、定量的に評価してくれるのはすごくいいです。

今まで1万人以上の面接実績があるとか、経験値がものをいう人事の世界です。いっぱい面接をしたからといって、いい人を採用できるかどうかはまた別の話です。採用した人がどのような活躍をしたかをシステムが示してくれるというのはうれしいです。

現時点で、ハーモスが採用決定するというところまではいってないようですが、提案してくれるだけでありがたいです。書類の海に埋もれてしまっている、自分の会社にだけマッチした人材をシステムが提案してくれるというのは、大変ありがたいです。意外と会社の方針というよりかは、採用担当者の経験や勘みたいなものがモノを言う世界なので、ニュートラルにシステムが提案することで、「あ、こんな人もいたんだ!」ということもあると思います。

応募する側は、今までやってきた履歴書、職務経歴書の作り方では人工知能には太刀打ちできないと考えます。下手な小細工をしても、人工知能には勝てないと思うので、履歴書のコツといった戦術よりも、自分のキャリアアップによりフォーカスした面接へといずれ移行していく世の中になるかもしれませんね。

ハーモスの今後に注目です!


予想年収と内定がもらえる会社の数を無料診断!その場ですぐわかる転職力診断 @type

スポンサーリンク

HRMOS AI

35歳以上という年齢の壁を突破したい人へ!
キャリアリリース40

元リクナビNEXT編集長が始めた「年齢ではなく実力で勝負できる世界」を目指した転職支援サービスです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

35歳転職限界説を突破して2回内定をGet、5つの会社を渡り歩いたジョブホッパー。人生トータルでは日系・外資系企業合わせて8回内定。ムダに転職活動経験が豊富で、転職エージェントを11社利用する。マネージャーとして面接官の経験もあるため、採用する側の論理も理解している。転職完全ガイド(晋遊舎)という本に、わたしの転職ノウハウが掲載される。