DODAで始まった「現役の中途採用担当者が語る覆面リアルトーク」読んでますか?

転職覆面座談会

DODAで始まった「現役の中途採用担当者が語る覆面座談会」。覆面だし、名前が出ないところがリアルさを増幅させていて、とても面白い企画です。30代で人事歴約10年の3名が、数百、数千と選考した経験を基に、下記お題について語り合っています。

第1回:転職先でも活躍できる人の条件とは?
第2回:採用担当者が考える、求人情報の賢い探し方と読み解き方
引用元:https://doda.jp/guide/saiyo/013.html

入社後に活躍できる人は3人とも、「うちの会社で何をしたいのか「仕事をする目的・動機」が明確にあるかどうか」で決まると答えています。完璧じゃなくてもいい、何か目的を持って入社しない人はダメだと言ってます。

候補者の立場で考えてみると、その会社で今後何ができるのかは、転職時にはさっぱり分かりません。働きながら、壁にぶつかりながら、ああでもない、こうでもないって仕事をして、なんとなく目的が見つかる感じです。どんなに明確な目的や動機があっても、それは推測ベースでしかありません。地域のため、社会のために役立ちたいと思っていたら、身内しか見ていない、社内しか見てない社風だったなんてことはよくあります。

ただ、面接をクリアしないとその社風すら分からないので、仕事をする目的や動機を仮にでももって、自分自身のものにしてしゃべるということは必要です。

そして、退職理由に関しての答えは、人事はこのように思っているようです。

むしろ本音でしゃべってくれない人のほうが、もしかしたらこの人、仕事でも嘘つくんじゃないか…って不安になっちゃう(笑)。
引用元:https://doda.jp/guide/saiyo/013.html

この話を真に受けて、バカ正直に答えてしまうとそれはそれでアウトだと思います。ネガティブ過ぎない、ギリギリの本音をチョイスして、いかにも本音をしゃべっている感を出すことが大切です。要はキレイすぎる、教科書的回答は人事も見破ってしまうということです。ポロッと話の最後に、本音を入れ込むということはわたしもやっていました。

「仕事を効率的に進め、必ず業務時間内に終わらせるように努力はしてまいりました」
「といっても、月100時間以上残業した月も、正直ありました。2ヶ月くらいは。」

「てへぺろ」的な本音を見せると、相手も喜んでくれる傾向にありました。こう思っています、でも実際こんな失敗もしました、てへぺろと。この覆面座談会は、人事の方の攻略には役立ちますので、ぜひチェックしてみてください。現場面接の方は、ちょっと違うかもしれません。

現役の中途採用担当者が語る覆面リアルトーク 第1回:転職先でも活躍できる人の条件とは? |転職ならDODA(デューダ)現役の中途採用担当者が語る覆面リアルトーク 第1回:転職先でも活躍できる人の条件とは? |転職ならDODA(デューダ)


予想年収と内定する会社数を無料で診断!その場ですぐわかる転職力診断 @type

スポンサーリンク

転職覆面座談会

35歳以上という年齢の壁を突破したい人へ!
キャリアリリース40

元リクナビNEXT編集長が始めた「年齢ではなく実力で勝負できる世界」を目指した転職支援サービスです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

35歳転職限界説を突破して2回内定をGet、5つの会社を渡り歩いたジョブホッパー。人生トータルでは日系・外資系企業合わせて8回内定。ムダに転職活動経験が豊富で、転職エージェントを11社利用する。マネージャーとして面接官の経験もあるため、採用する側の論理も理解している。転職完全ガイド(晋遊舎)という本に、わたしの転職ノウハウが掲載される。