こんなチームある?理想のチームビルディングの実例をご紹介!

美容室のスタイリストさんが、話していたことです。

スタイリスト(以下ス):「この店がオープンしたとき、元店長がメンバーとして集結したんですよー」

この話を受けて、わたしの頭の中で次のような変換をしました。

わたし:「それって、サラリーマンでいうならマネージャー経験者が集結した新部署ができたってこと?」

頭の中で変換しながら、つい口に出していました(笑)

ス:「そうですね、会社に置き換えるとそういう状態ですね」

わたし:「それでお店はどうなったんですか?」

わたしが用意した回答

そう質問しながら、2パターンの回答を用意しました。

A:「管理職経験者の集合で、群雄割拠状態になり、自分が自分がという修羅場になった」
B:「部下の気持ちを察する人たちが集まって、まとまりのある部署ができた」

「美容という世界において、自分の腕は大切!」

そう考えると、Aパターンの回答が濃厚だろうと予測して待っていました。すると、スタイリストさんはこう話し始めました。

ス:「いやぁ~、最強でしたね、あの時は」

わたし:「最強?」

ス:「元店長ばかりじゃないですか?みんながお店全体を見えているんですよ。新人スタイリストのサポートも、誰が何かをいうわけでなく、スーッとできちゃう。髪の毛を切る時間が必要以上にかかっていても、誰かがカバーしちゃう」

わたし:「上に立ったものにしか、分からないことってありますよね?」

ス:「そうなんです、全員が部下という立場に降格しちゃっているですが、上司の気持ちをくみ取っているんです」

親の心子知らず ということわざがあるように、サラリーマン社会でも 上司の心部下知らず ということは多々あります。部下を持つ気持ち、自分がリーダーとなってチームをまとめる責任というのは、やった人でないと分かりません。

そういう経験者が集まった部署で仕事ができたら・・・こんなチームビルディングができたら、とても幸せなことだと思います。美容の世界においても、サラリーマンの世界においても、このような稀有な事はまずないでしょう。まさに理想の環境です。

どんな小さなことでも、リーダーという職務をやってみるというのは、自分を次のステップへと連れて行ってくれます。わたしもあの1歩を経験して、人間として大きくなったなぁ~って思います。

部下の心上司知らずって、いう場合も多いですよね(笑)


予想年収と内定がもらえる会社の数を無料診断!その場ですぐわかる転職力診断 @type

スポンサーリンク

35歳以上という年齢の壁を突破したい人へ!
キャリアリリース40

元リクナビNEXT編集長が始めた「年齢ではなく実力で勝負できる世界」を目指した転職支援サービスです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

35歳転職限界説を突破して2回内定をGet、5つの会社を渡り歩いたジョブホッパー。人生トータルでは日系・外資系企業合わせて8回内定。ムダに転職活動経験が豊富で、転職エージェントを11社利用する。マネージャーとして面接官の経験もあるため、採用する側の論理も理解している。転職完全ガイド(晋遊舎)という本に、わたしの転職ノウハウが掲載される。