わたしの転職日記(4社目)

転職日記

4社目の会社は、初の東証1部上場の会社への応募でした。今回ももちろんですが、リクルートエージェントにお世話になりました。

今回選んだ基準は、変なんですがオフィス環境がずば抜けていいこと。オフィス環境があそこまでいいと、長く働けるかなぁ・・・なんて思いまして。ちなみに業種、職種とも、私の経験とは若干ズレ気味。

3社目あたりから私の中で、勤務地やらオフィス環境なら若干ズレてきているなぁ・・・と思っていましたが、2社目の面接があまりに不快だったので、この頃は鉄砲撃ちまくりな時期でした。要はいろいろ応募していたのです。

応募企業については徹底的に調べる

オフィス環境がいい!ってどこで分かったの?と思われるかもしれませんが、その会社はホームページで社内案内をしている会社でした。あんなオフィスで働けたらなぁ・・・そう思える環境でした。

上場している企業やその子会社であれば、面接前に株主情報をチェックします。株主に対しては丁寧に会社のことを解説しているケースがほとんどです。まずは会社の概要を、株主のページで勉強します。その後はIR情報(株主のページ)で、決算書を読みます。BS、PLを読むのではなく、書いてあるコメントを読むだけで、会社の状況はかなり分かるようになります。上場していない会社の場合は、ちょっと使えません。

ネガティブな情報も一応チェック

大手になればなるほど、ネガティブな情報がネットにあったりします。2ch(転職版)などはかなりストレートに表現されています。これを信じるかどうかは別にして、私は一応読むようにしてました。応募意欲をそぐこともありますが、私の場合こういうのがありました。労働組合が会社を訴えて訴訟中とか、契約社員による環境改善のサイトができていたりとか・・・あまり印象はよくないですよね。

この4社目の会社は3週間後に連絡がありまして、『ご年齢を考慮すると、ご経験業界が違うことから即戦力性にかける』 という理由で落ちました。その通りだなぁ・・・と思い、落ち込むことなく5社目の応募をしたのでした。

今回の教訓

応募企業については、IR情報などでしっかり調べる


予想年収と内定する会社数を無料で診断!その場ですぐわかる転職力診断 @type

スポンサーリンク

転職日記

35歳以上という年齢の壁を突破したい人へ!
キャリアリリース40

元リクナビNEXT編集長が始めた「年齢ではなく実力で勝負できる世界」を目指した転職支援サービスです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

35歳転職限界説を突破して2回内定をGet、5つの会社を渡り歩いたジョブホッパー。人生トータルでは日系・外資系企業合わせて8回内定。ムダに転職活動経験が豊富で、転職エージェントを11社利用する。マネージャーとして面接官の経験もあるため、採用する側の論理も理解している。転職完全ガイド(晋遊舎)という本に、わたしの転職ノウハウが掲載される。