【転職者の送別会】 こんな「いい送別・悪い送別」 があった!

転職 送別

3月は送別会シーズンですね!

今までお世話になった方に対して感謝の気持ちを示したり、逆に自分自身が見送られる立場になったりと様々です。今日は、今までに参加したたくさんの送別会の中で、「いい送別」「悪い送別」について、お話します。

いい送別 vol.1

会社を辞める時には、お花・寄せ書き・飲み会 の3点セットが最も多かったのですが、物のプレゼントをもらう事もあります。でももらったものが、実はそんなにうれしくない・・・ってことあります。そこで、

同志にお金を募る → お金を集計する → 本人に今何が欲しいか、直接聞く(金額を伝えて)

という方法を取る会社が過去にありました。サプライズ感はないかもしれませんが、余計なものをもらうよりも本人にとってはうれしいもの。送る側もプレゼントを何にしたらいいか悩みますが、考える労力も減るので、win-winな方法です。

いい送別 vol.2

送別するのは、今その会社にいる現役のみ と考えがちです。そこを逆手に取って、昔一緒に働いた同僚、上司、社長など、今会社にいない懐かしいメンバーを動員してのサプライズです。

寄せ書きの中になぜか現役メンバー以外の人のコメントがあったり、最終出勤日の朝に会社に来たら、デスクの上に懐かしメンバーからの花が届けられていたりしたことがありました。とてもうれしいサプライズ送別でした。

悪い送別 vol.1

本をプレゼントする というのは、送られる人の趣味嗜好を十分にリサーチしないと、全く読まれないという事が起きます。わたしが失敗してしまったのは、「自分が」えらくいいと思った本 を一方的に送った結果、数年後に

「もらった本、全然読んでない~」

と食事会の場でポロッと言われたことがあります。あれ以来、本は贈らないようにしています。

悪い送別 vol.2

送別される人が、ものすごいネガティブな挨拶をした送別会の話です。前も記事にしたことがありますが、

「送別会のあいさつで、長い間溜まった恨み節を延々話す」

という事が起きてしまいました。主役は当然会社を去る人なので、あいさつを止めるわけにもいかず、結局送る側も不快感だけが残り、終了という送別会。これは準備できるものではありませんが、送別会を仕切る幹事はこのような事態になったら、うまくカットインできる技術がいりますね。

3月末に向けて送別会が多くなるので、飲み過ぎ・食べ過ぎに注意してくださいね~


予想年収と内定がもらえる会社の数を無料診断!その場ですぐわかる転職力診断 @type

スポンサーリンク

転職 送別

35歳以上という年齢の壁を突破したい人へ!
キャリアリリース40

元リクナビNEXT編集長が始めた「年齢ではなく実力で勝負できる世界」を目指した転職支援サービスです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

35歳転職限界説を突破して2回内定をGet、5つの会社を渡り歩いたジョブホッパー。人生トータルでは日系・外資系企業合わせて8回内定。ムダに転職活動経験が豊富で、転職エージェントを11社利用する。マネージャーとして面接官の経験もあるため、採用する側の論理も理解している。転職完全ガイド(晋遊舎)という本に、わたしの転職ノウハウが掲載される。