2016年の最後のごあいさつ

2016年、最後の記事になります。

イギリスのEU離脱やトランプ大統領の誕生など、いかに専門家の予測であったり、報道が当てにならないかということも分かった2016年でした。有効求人倍率が上がっていても、なんとなく株価が上昇していても、結局は現場感であったり個別企業次第です。ご自身で応募して、面接を受けてみるという肌感を大切しないといけないということを、改めて感じた1年でした。

新しい働き方であったり、テクノロジーであったり、とにかく変化はどんどん加速していくものと思います。ついて行くという意識よりも、好奇心を忘れずにいれば大丈夫だと思います。

2017年は1月5日(木)よりスタートいたします、来年もよろしくお願い致します。


予想年収と内定がもらえる会社の数を無料診断!その場ですぐわかる転職力診断 @type

スポンサーリンク

35歳以上の方のための転職支援サービス
日本全国3万人の経営者にあなたの職歴をダイレクトに打診!



元リクナビNEXT編集長が作ったミドル世代専門の転職支援サービスです。求人を公開していない企業の経営者に、匿名で経歴情報を売り込むことで、あなたの活躍可能性が格段に広がります!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

35歳転職限界説を突破して2回内定をGet、5つの会社を渡り歩いたジョブホッパー。人生トータルでは日系・外資系企業合わせて8回内定。ムダに転職活動経験が豊富で、転職エージェントを11社利用する。マネージャーとして面接官の経験もあるため、採用する側の論理も理解している。転職完全ガイド(晋遊舎)という本に、わたしの転職ノウハウが掲載される。