退職の時、次の「転職先」を伝えるべきか?の結論

転職先

転職することが決定して、上司や友人、同僚に打ち明けた時に必ずこう聞かれませんか?

「次はどこへ行くの?」

転職先を伝えるべきか、伝えないべきか・・・会社名はできれば言いたくないと思う人もいると思います。そんな時にどう判断したらいいかというお悩みを解決したいと思います!

転職先を伝えるかどうかは「自分の損得」で考える

わたしの場合、過去4回の転職経験のうち3回は転職先を伝えていません。

「今バタバタしているから、落ち着いたら連絡するね~」

これで逃げてました。

実際は言うほどバタバタしてませんし、落ち着いたらという期間は「1年」を指してます。1年も経過しますと、繋がっている人、繋がってない人が自然と分かれます。

1年経過しても繋がっている人は、今後も友人としてつきあっていく事になるので、そういう人には隠しておくメリットもなくそこで打ち明けます。裏を返せば、

「どうでもいい人には、転職先を伝えない」

ということです。1年後に繋がっている人に打ち明ければ、間接的に繋がってない人にも伝わります。1年も経過していれば、「旬」は過ぎているので、元上司や元同僚も、

「そういう人いたよね~、A社に転職したんだ~」

以上、終了です。

この話を聞いて、改めて連絡取りたい!となる事もあるので面白いですよね。

どうしても次の転職先を言えないケースとしては、同業他社への転職をする人たちです。黙って転職先を伝えずに、会社から姿を消しますよね。たまにですが、会社からの退職時アンケートがあって、記入欄に

「次の転職先」

という項目を見た事があります。プライベートな事なので、もちろんスルーしました。伝える義務はありませんので、すべて「自分の損得」だけで考えればいいことです。

転職先や会社名を伝えてもいいケースとは?

わたしが転職先を伝えたケースは、

「ビジネス上、つながっておいて得があるかどうか」

と考えて、得な場合は伝えます。そんなに重要な人でなくても、

「仕事上言っておけば、いずれ得になる」

場合は、次の転職先(会社名まで)言うようにしてます。得意先や業界的につながっておけば得ということはありますよね?ビジネス上プラスに働くならば、言います。その程度のことなんですが、意外と「転職先を言う?言わない?」を悩む方がいるようです。

最後に、「つまらない見栄やプライド」もありますよね。格上の会社に転職する時は言いふらし、格下の会社に転職する時は言わない・・・会社を経営しているならともかく、会社の格 ≠ 個人のスキル ではないのに・・人間って小さいですよね。

あわせて読むと面白い関連する記事をご紹介します。

個人と個人の付き合いは続く (リクルートエージェント・転職言論)


予想年収と内定する会社数を無料で診断!その場ですぐわかる転職力診断 @type

スポンサーリンク

転職先

35歳以上という年齢の壁を突破したい人へ!
キャリアリリース40

元リクナビNEXT編集長が始めた「年齢ではなく実力で勝負できる世界」を目指した転職支援サービスです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

35歳転職限界説を突破して2回内定をGet、5つの会社を渡り歩いたジョブホッパー。人生トータルでは日系・外資系企業合わせて8回内定。ムダに転職活動経験が豊富で、転職エージェントを11社利用する。マネージャーとして面接官の経験もあるため、採用する側の論理も理解している。転職完全ガイド(晋遊舎)という本に、わたしの転職ノウハウが掲載される。