「離婚する」 と 「離職する」 の関係を経済的に語る!

離職率

NHK Eテレ「オイコノミア」を見た事ありますか?

ピース又吉さんと大阪大学の大竹特別教授の経済学の番組ですが、今回のテーマは「こんな会社で、働きたい!」でした。その中で面白い!と思ったものを取り上げます。

「経験財」と「検査財」

経済学のコトバで、「経験財」と「検査財」があるの知ってましたか?これが「転職」と非常に密接しています。

経験財・・購入前に質がわからない
検査財・・購入前に質がわかる

会社側から見ても私たちから見ても、会社に入ってみないと分からないのが「転職」です。これってまさに「経験財」です。対して「検査財」は、Tシャツのように購入前から素材、色、サイズなどすべて分かって購入するので、失敗がありません。

「離職率」「離婚率」は酷似している??

「離婚に占める同居期間の比率」 という2012年厚生労働省のデータによると、5年以内に約30%近くの人が離婚、その後10年、20年までその比率は減ります。

同じく厚生労働省のデータで、社会人3年目までに会社を辞める大卒の割合も31%。「離婚率」と「離職率」は酷似しています。(ちなみに芸人の世界は、3年以内で辞める人が60%だそうです。厳しい~)

結婚してみないと、相手の本当の事が分からないということも「経験財」です。 「結婚」 も 「転職」 も 「経験財」 という言葉で共通し、どちらも3年以上続かない割合が3割。言われてみると同じカテゴリです。

「経験財」を少しでも「検査財」に近づけるために、結婚の場合は 「同棲」 という方法があります。少しでも相手を理解する期間を設けて、リスク??を減らす事ができます。対して転職の場合は、これができません。新卒ならば、「インターン」 が 「同棲」 のようなものですよね。

又吉さんは、このように番組でコメントしていました。

そんなもんやと分かってないのが問題。3年以内に辞めやすい、離婚しやすい、そこはストレスを感じて当然という前提がない。理想が高すぎて、理想とのギャップで辞めてしまう。

前編・後編とありましたが、6月3日(火)に後編の再放送があります。ご興味のある方はチェックしてください!

再放送予定 - オイコノミア - NHK再放送予定 – オイコノミア – NHK


予想年収と内定がもらえる会社の数を無料診断!その場ですぐわかる転職力診断 @type

スポンサーリンク

離職率

35歳以上の方のための転職支援サービス
日本全国3万人の経営者にあなたの職歴をダイレクトに打診!



元リクナビNEXT編集長が作ったミドル世代専門の転職支援サービスです。求人を公開していない企業の経営者に、匿名で経歴情報を売り込むことで、あなたの活躍可能性が格段に広がります!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

35歳転職限界説を突破して2回内定をGet、5つの会社を渡り歩いたジョブホッパー。人生トータルでは日系・外資系企業合わせて8回内定。ムダに転職活動経験が豊富で、転職エージェントを11社利用する。マネージャーとして面接官の経験もあるため、採用する側の論理も理解している。転職完全ガイド(晋遊舎)という本に、わたしの転職ノウハウが掲載される。