「転職回数」 が多い人へのメッセージ

幸福論

先日、「自己啓発」 本を何冊も買ってしまう人へという記事を書いて、仕事で悩む人に対して「悩みの原因」を真剣に追求しないと、麻酔薬でしかないという事を書きました。今回もそれに近いおはなしです。
アランの 「幸福論」 に、このような一節があります。

どんな職業も自分が導くかぎりでは愉快だが、服従するかぎりでは不愉快である。

この一文、なかなか深い言葉です。これを職業ではなく、仕事と考えてもいいかと。自分が導く(仕切る)仕事というのは、責任もありますが面白い。ただただ言われた通りに動く仕事というのは、面白くありません。

アランの言うとおり 「職業」 と考えれば、自営業であったり起業したり、その会社の社長になるということは愉快で、サラリーマンは不愉快ということになります。

”どんな職業も” と書いてある事が、「転職」 の根幹にもつながります。わたしも5社ほど転職していますが、やっぱり自分で導く方が楽しいです。職種や社名、役職が基準ではなく、「自分が導くか」 そうでないか という事がとても大切とアランは説いています。

責任がない方がラクという方もいますが、それは完全にサラリーマン生活に毒されています。サラリーマンという前提までも外して考えることが大切です。アランの 「幸福論」 では幸せになる義務があると説くところもあります。

悩むより幸せを追求するために、考え方を変えてみるのも面白いかもしれませんよ!


予想年収と内定がもらえる会社の数を無料診断!その場ですぐわかる転職力診断 @type

スポンサーリンク

幸福論

35歳以上という年齢の壁を突破したい人へ!
キャリアリリース40

元リクナビNEXT編集長が始めた「年齢ではなく実力で勝負できる世界」を目指した転職支援サービスです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

35歳転職限界説を突破して2回内定をGet、5つの会社を渡り歩いたジョブホッパー。人生トータルでは日系・外資系企業合わせて8回内定。ムダに転職活動経験が豊富で、転職エージェントを11社利用する。マネージャーとして面接官の経験もあるため、採用する側の論理も理解している。転職完全ガイド(晋遊舎)という本に、わたしの転職ノウハウが掲載される。