「圧迫面接」を行うことのリスクと対応方法とは?

圧迫面接

ほんの10年前くらいは、「圧迫面接」というものが至るところで行われていました。

「転職苦労人さん、何回も転職してるから辞めちゃうんじゃないですか?」
「それではうちでは勤まりませんよ」
「結局あなたは何ができんの?」

例を挙げればキリがない圧迫面接ですが、企業の口コミがネットで公開され、面接体験談もネットで公開されるようになりました。またブラック企業という言葉もすっかり定着して、下手な面接をすれば企業側が今度は叩かれる環境が現在です。

圧迫面接を行う意味とは?

圧迫面接の目的として、いわゆる「無茶振りをした時の対応」を見るというのが一般的でした。ストレスフルな環境は誰にでもあって、それをどう切り抜けるか見るための面接とも言われていました。

企業側は会社のイメージや、面接官のイメージが悪くなるので、圧迫面接を企業側のリスクとして考えるようになりました。応募者側はというと、ひどい事を言われても圧迫面接だから・・・といって、おとなの対応ができるようになりました。

こうなってくると圧迫面接をする意味というのが全くありません。しかしそれでも圧迫面接があったりする場合は、

「面接官の性格そのものが悪い」

って判断しちゃっていいかもしれません。圧迫面接じゃなくって、そもそも性格が悪い面接官っています。ストレス解消の場にしたり(笑)圧迫面接をしかけられたら、こういうジャッジをしてみてもいい時代になりました。

圧迫面接がもしあった場合の対処法は?

わたしが受けた圧迫面接は、突然競馬のレース「宝塚記念」はどうなると思いますか?と若干ふざけた感じで面接官が質問してきました。そのあとも、「うちでなくてもいいんじゃないですか?」という質問があったり、とにかく態度が悪い面接がありました。

もちろん面接官はわざとやっているので、冷静に対応したり、笑いで切り返すぐらいの対応が理想です。相手の圧迫面接は、後で転職クチコミサイトに書いてやるという気持ちを持って、一字一句覚えておきましょう。

ブラック企業を回避?6つの 「転職口コミサイト」 をまとめてみた!

2013.09.09

リクナビNEXTのこの記事は「圧迫面接」 を含め、4つの面接タイプで分けています↓
「企業の面接戦術」大研究(リクナビNEXT)


予想年収と内定がもらえる会社の数を無料診断!その場ですぐわかる転職力診断 @type

スポンサーリンク

圧迫面接

35歳以上の方のための転職支援サービス
日本全国3万人の経営者にあなたの職歴をダイレクトに打診!



元リクナビNEXT編集長が作ったミドル世代専門の転職支援サービスです。求人を公開していない企業の経営者に、匿名で経歴情報を売り込むことで、あなたの活躍可能性が格段に広がります!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

35歳転職限界説を突破して2回内定をGet、5つの会社を渡り歩いたジョブホッパー。人生トータルでは日系・外資系企業合わせて8回内定。ムダに転職活動経験が豊富で、転職エージェントを11社利用する。マネージャーとして面接官の経験もあるため、採用する側の論理も理解している。転職完全ガイド(晋遊舎)という本に、わたしの転職ノウハウが掲載される。