転職の有給消化で 「転職旅行」 していますか?

転職旅行

旅行口コミサイトを運営するトリップアドバイザーは2014年7月17日、「転職旅行」の実態についてのアンケート調査結果を発表した。転職経験者の35%が、前職から次の職場に勤務するまでの休暇期間中に、宿泊を伴う旅行を経験しているようだ。



この「転職旅行」市場は、新婚旅行の半分の市場規模もあり、卒業旅行の倍の市場規模があるとのこと。旅行業界としても、このネーミングを定着させる事で、旅行ニーズを拾おうという狙いがあると考えます。

このデータが不思議でならなかったのは、わたしは「転職旅行」は100%行っているからです。国内はもとより、世界中を旅しました。転職者の35%は旅行ということは、65%の人は旅行してない つまり 転職の移行期間を有効活用できていない という事になります。確かにこういう友人は、結構います。

「引継が終わったら即、次の会社なんだ~」

この忙しさアピールはなんだろ?とわたしはいつも思っていますが、有給休暇も消化せずにギリギリまで働く人はかなりいます。背景には経済的なものを理由にする人もいて、

「収入が途絶えると、住宅ローンに響く」

と言う人、家族構成によるものもあります。疲れたのでゆっくりしたいという人もいるので、何も 「転職旅行」 をする必要はないんですけど、どうしても言いたいのが、

「サラリーマン生活で、1週間・2週間といったまとまった休暇を取っていましたか?」
「そもそも有給消化日数を計算して、次の入社日を決めていますか?」

ということです。転職が決まったら、わたしはまず 「旅行先」 を決めます。まとまった休みにできる事 = 旅行 という発想だからです。弾丸でヨーロッパ行ってたけど、今回は10日間ゆっくりしよう とか、ビーチでまったりしようという感じで、旅行プランを考えます。

有給消化なので経済的な不安もないし、会社を辞める事が確定しているので旅先で仕事の不安に襲われることもなく、普通の旅行以上に 「転職旅行」 は快適なのです。

「転職旅行」 後は1週間くらいはぼーっと過ごして、次の会社に行こう! と計算します。そういう計算をしてから、逆算で辞表を出したり、次の会社との入社日を交渉します。

「1日も早く来てほしいんですが・・・」

と先方は言いますが、予定がすでに入っていて(これが実は旅行です)と言って、いつも入社日を先延ばししています。


予想年収と内定がもらえる会社の数を無料診断!その場ですぐわかる転職力診断 @type

スポンサーリンク

転職旅行

35歳以上という年齢の壁を突破したい人へ!
キャリアリリース40

元リクナビNEXT編集長が始めた「年齢ではなく実力で勝負できる世界」を目指した転職支援サービスです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

35歳転職限界説を突破して2回内定をGet、5つの会社を渡り歩いたジョブホッパー。人生トータルでは日系・外資系企業合わせて8回内定。ムダに転職活動経験が豊富で、転職エージェントを11社利用する。マネージャーとして面接官の経験もあるため、採用する側の論理も理解している。転職完全ガイド(晋遊舎)という本に、わたしの転職ノウハウが掲載される。