面接や書類選考で合格するための「自己PR」のまとめ方

転職ブログをやっていると、いろんなキーワードでアクセスを頂くのですが、「自己PR」「例文」「書き方」というワードで探している方が非常に多いです。裏を返すと、

「ネットで自己PRを検索して例文を探して、加工して提出している人が多い」

ということになります。数多く面接をこなす面接官、たくさんの書類をチェックする人事部の方は、ある共通点に気づくことになります。

「あれ?その自己PR、どこかで聞いたような・・・」
「さっきの履歴書にあったよ、この自己PR」

連続して面接したり、連続して書類選考をしていると、全く同じでなくても妙な違和感を覚えます。「面接本は買うな!」とよく言われますが、これが原因です。

いろんな転職サイトで、この自己PRについての解説をしているのですが、わたしが最もおススメするのがリクルートエージェントさんの「合格する自己PR」です。この中で3つのポイントがあると、書いてあります。そのうち2つを紹介します。

今までの業務経験から、自分の強みを見つける

「強み」というと、「積極的である」 「行動力がある」 みたいな回答をする人がいるんですが、みんなそう言うんですよね(笑)他の人と差別化できるのは、自身の業務経験です。同じ業務経験をしている人はまずいないので、そこから強みを探してみる。自己PRを見つけるというのは、とてもいい方法です。

自己PRに使う強みは、特別なスキル・経験である必要はない

特別なスキルがない・・・最終的な答えが「コミニケーション能力」という人が多いとあります。これも回答が被りがちなんですが、「コミニケーション能力」を気にする面接官は多いです。

職場でやっていけるんだろうか?自分の部下として、同僚として面倒な人ではないだろうか? 仕事できるできないよりも実は重要なので、「コミニケーション能力」を使うのはありです。

ただ、「コミニケーション能力に優れています!」 と答えても、どこが? って面接官は思うので、至極のエピソードや実体験を交えてコミニケーションアピールをしてみてください。自分よりも第三者に褒められた体験の方が、真実味があります。

転職サイトにある「自己PR」関連の中で、”ベタな例以外” のものをこちらに載せておきます↓

合格する自己PR (リクルートエージェント)
本気が伝わる「自己PR」の書き方講座(リクナビNEXT)


予想年収と内定がもらえる会社の数を無料診断!その場ですぐわかる転職力診断 @type

スポンサーリンク

35歳以上の方のための転職支援サービス
日本全国3万人の経営者にあなたの職歴をダイレクトに打診!



元リクナビNEXT編集長が作ったミドル世代専門の転職支援サービスです。求人を公開していない企業の経営者に、匿名で経歴情報を売り込むことで、あなたの活躍可能性が格段に広がります!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

35歳転職限界説を突破して2回内定をGet、5つの会社を渡り歩いたジョブホッパー。人生トータルでは日系・外資系企業合わせて8回内定。ムダに転職活動経験が豊富で、転職エージェントを11社利用する。マネージャーとして面接官の経験もあるため、採用する側の論理も理解している。転職完全ガイド(晋遊舎)という本に、わたしの転職ノウハウが掲載される。