仕事上で自分の 「老い」 を認める瞬間はいつか?

先日の踊る!さんま御殿で風間トオルさんが、

「白髪染めのタイミングがいつか分からない」

という話をしていました。風間さんは52歳ですから、かなり白髪が多くなるお年頃。好きな時に染めればいいんじゃない?と誰もが思うところですが、わたしはこの話を聞いて、仕事上のキャリアと重ねてしまいました。

どこで老いを認めるのか

誰もが歳を重ねて、老いていきます。白髪は個人差こそありますが、それこそ35歳以降でちらほら見え始める方が多いかと思います。最初は黒髪の中に白髪が隠れているので表には出てきませんが、次第に白髪の本数が増えて黒髪よりも主張を始めます。

ある日を境に白髪染めを行わなくなり、自分は白髪のまま生きていく!と決断する日が来ます。(一生染め続ける人もいるかもしれませんが)これがお仕事にどこか共通しているような気がして・・・・

例えばデザイナー職などクリエイティブな仕事をしている人が、若手デザイナーの作品を見て、ハッとさせられたとします。悔しいかな素晴らしいデザインで認めざるを得ない、でも自分はまだまだ現役。認めてしまったら、自分の老いを認めるようで怖い・・・

プログラマーのコーディングも、若手のセンスあるコーディングを見てハッとさせられたり、流行に敏感な若手がいい商品開発をしてハッとさせられたり、こういう事は歳を重ねると起こるものです。

白髪染めは今までの経験値

そんな時に “経験値で” 取り繕いをしたりしていませんか?

自分の方が経験もあるし、優れている。経験に勝るものなし!そう思ったりしませんか?

これは老いを隠す白髪染めのようなもので、一時的には黒くなるので若手を言い負かす事ができます。でも所詮染めただけで、若手の能力にはかなわないのです。仕事単体でみれば、経験も役職も関係ありません。そのデザインが、その商品が優れているかどうかだけです。

もちろん経験がものを言う瞬間も多々ありますが、仕事上でもどこかで白髪を染めない日がくるわけです。年齢は本当は関係ないのですが、市場価値がなくなってきている=老いです。長く会社にいると、自分の市場価値も見えなくなるので、自分の白髪に気づかないこともあります。

まさか風間トオルさんの一言が、こんな文章になるなんて・・・そんな時に白髪が似合う大人でありたいなとも思うし、黒髪で居続けたいという思いもありますね。


予想年収と内定する会社数を無料で診断!その場ですぐわかる転職力診断 @type

スポンサーリンク

35歳以上という年齢の壁を突破したい人へ!
キャリアリリース40

元リクナビNEXT編集長が始めた「年齢ではなく実力で勝負できる世界」を目指した転職支援サービスです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

35歳転職限界説を突破して2回内定をGet、5つの会社を渡り歩いたジョブホッパー。人生トータルでは日系・外資系企業合わせて8回内定。ムダに転職活動経験が豊富で、転職エージェントを11社利用する。マネージャーとして面接官の経験もあるため、採用する側の論理も理解している。転職完全ガイド(晋遊舎)という本に、わたしの転職ノウハウが掲載される。