3回以上転職経験があっても、簡単に採用されるミドルに思うこと

ミドル 転職 35歳 40歳

ミドルの転職というサイトに、3回以上転職経験があっても苦も無く採用されるミドルについて紹介されていました。どんな人が該当するかというと、こう書いてありました。

転職回数の多いミドルを、企業が評価するポイントは「高い専門スキル」72%。2位が「転職理由」44%、3位は「キャリアの一貫性」40%となりました。
引用元:https://mid-tenshoku.com/news/article/3771/

高い専門スキルに関しては全く異論がありません。

ところがあとの2つに関しては、ちょっとひっかかりました。例えば「転職理由」ですが、ポジティブならいいということが書いてありました。どんなにネガティブな理由でも、ポジティブに変えて話すことぐらい転職希望者はウソでも演じることができると思います。

この回答をしているのが転職コンサルタントと呼ばれる人たちなので、ついぶっちゃけて話してしまいがちな転職コンサルタントたちをも欺け?ということなのかなとちょっと思いました。「企業から確認されている」という文言からそう思ったのですが、転職コンサルタントやエージェントだって、お客様である企業からの信頼は得たいわけです。

一方で候補者の将来を背負っている部分もあって、いわゆる板挟み状態。転職コンサルタントの前で本音を語ってキャリアを導いてもらうのは大切なのかもしれませんが、ちょっとこのアンケートを見るとコンサルタントの前でも演じないといけないのかな・・そう思いました。

キャリアの一貫性について

今のわたしが面接官ならば、一貫性がある人よりも、いろんな仕事の経験をある人を間違いなく選びます。一貫性より柔軟性や、その業界にない発想を持っている人を好みます。

わたしはキャリアに一貫性がないことをたびたび、面接官や転職エージェントに指摘されてきました。しかし、場数を踏むとこの一貫性は何とでもなります。要は相手を説得できるだけの一貫性ストーリーが完成できれば、いいわけです。コンサルティング会社にいたり、メーカーにいたり、職種もバラバラな私は、強引になんですけどこう言ってました。

転職苦労人
常にモノと関わることが好きで、それだけはぶれないように考えてキャリアアップをしてきました。多面的な視点でモノを見てきた経験は、他の誰にもない強みになると信じています。

あぁ・・・よくもまぁ、こんなことが言えたものです。実際は、その時々で興味があったものに飛びついていっただけで、後ろを振り向いてみたらへんなキャリアが完成していました。

面接官は一貫性を好むので、合わせるしかありません。ただ、同じ業界だから安心、キャリアが長いから安心というのは、どうかと思います。発想の振れ幅が小さいとわたしは思いますし、全く違う業界の人のほうが個人的には好きで、新しい風をいつも吹き込んでくれるように思います。


予想年収と内定する会社数を無料で診断!その場ですぐわかる転職力診断 @type

スポンサーリンク

ミドル 転職 35歳 40歳

35歳以上という年齢の壁を突破したい人へ!
キャリアリリース40

元リクナビNEXT編集長が始めた「年齢ではなく実力で勝負できる世界」を目指した転職支援サービスです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

35歳転職限界説を突破して2回内定をGet、5つの会社を渡り歩いたジョブホッパー。人生トータルでは日系・外資系企業合わせて8回内定。ムダに転職活動経験が豊富で、転職エージェントを11社利用する。マネージャーとして面接官の経験もあるため、採用する側の論理も理解している。転職完全ガイド(晋遊舎)という本に、わたしの転職ノウハウが掲載される。