40代をどう生きるかで50代、60代がどうなるか見えてくる

人生1度きり

放送作家鈴木おさむさんの週刊朝日の記事が、面白かったので取り上げます。「人生は1回切り」という言葉の重みが、歳を重ねるにつれて理解できるようになるという話です。特に本質を突いているなぁ・・・と思った一文がこちら。

40代は人生の大きな選択肢になるときだと思っています。40代をどう生きるかで50代、60代がどうなるかが見えてくる気がします。40代を出世に生きた人は、50代、60代もそこを突っ走るしかない。
引用元:https://dot.asahi.com/wa/2017070500022.html

そして、こうも書いています。

僕は会社員ではないので外から見るとよくわかるのですが、会社というのは年を取っていくと、敗者のほうが多くなってくるんですよね。出世というものに向かって、ほとんどが敗者になっていく。

敗者になった瞬間からゆっくりと歩きだして、その頃には大切なものをなくしているという話に、妙に納得しました。

つい最近、元同僚であり上司(50代)に会いました。出世街道を駆け上がった方だったのですが、最近は仕事のペースを落として、たまにアルバイトをしたりしていました。セカンドキャリアを考えているのかな・・・なんて思っていたのですが、また元の道に戻って働くという選択を選んだようでした。

40代を出世に生きた人は、50代も60代もそこを突っ走るしかない・・・その方に、まさにこの言葉通りの人生を見ました。出世大好きという方ではありませんが、40代でキャリアが固定してしまうと、そのキャリアにしがみついて50代、60代も生きるしかないのかな・・・そう思った出来事でした。

なぜだか分からないのですが、わたしも鈴木おさむさんのコラム同様「人生一度切りじゃないですか!」と、元上司に切り出したことがあります。仕事のペースを落とされたことを、わたしはチャンスと思いそう言ったのですが、仕事をバリバリやっていた元上司も「何をこれからやったらいいか、実は分からない・・・」と言ってました。

ゆっくり歩きだして、気づいたら大切なものをなくしている・・・コラムを読んで本当にそうだなと思いました。この記事のタイトルが小林麻央さんの話だったので、確かに人生は1回切りということを強く感じるのですが、まさかキャリアについて言及しているとは思ってなくて、少々びっくりしました。

思っている以上に、若いうちに行動しておかないと、キャリアも人生も固定されてしまう・・・そんなことを感じるにはいられない良記事でした。


予想年収と内定する会社数を無料で診断!その場ですぐわかる転職力診断 @type

スポンサーリンク

人生1度きり

35歳以上という年齢の壁を突破したい人へ!
キャリアリリース40

元リクナビNEXT編集長が始めた「年齢ではなく実力で勝負できる世界」を目指した転職支援サービスです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

35歳転職限界説を突破して2回内定をGet、5つの会社を渡り歩いたジョブホッパー。人生トータルでは日系・外資系企業合わせて8回内定。ムダに転職活動経験が豊富で、転職エージェントを11社利用する。マネージャーとして面接官の経験もあるため、採用する側の論理も理解している。転職完全ガイド(晋遊舎)という本に、わたしの転職ノウハウが掲載される。