自分の人生に投資するか、凍死させてしまうのか?

朝日新聞DIGITALの記事「なぜ自分の会社が嫌いでも転職しないのか? “投資家思考”で仕事を考える」が面白かったので、取り上げます。投資経験のないフリーのライターさんが、投資するまでのプロセスを描いたシリーズなのですが、ご自身のフリーランスとしての働き方と投資の話、そして会社員の話から始まります。

わたしが特に印象に残った部分がこちら。

本当は今の仕事も自分で選択して入社したはずなのに、知らないうちに「働かされている」という意識を持ってしまうことです。転職して別の企業に行く選択肢もあるはずなのに、具体的な検討はせずに、ただ今の職場に文句を言うだけなのは、自分の人生の選択肢を意識しないで生きているのと同じこと。すごくもったいないと思います。
引用元:http://www.asahi.com/and_M/articles/SDI2017070793161.html

分かる!本当にこういう方は、世のなかにたくさんいると思われます。この記事はこれだけで終わらず、自由に選択しているフリーランスに対してもチクリと一刺しあります。嫌な仕事、報酬の少ない仕事ばかり受けているフリーランス・・確かにこれも自ら選んだ結果なのに、働かされている状態です。

これらトークをしているのが投資家の皆さんで、質問しているのが投資経験のないライターという関係も面白いです。

そうか!人生は投資か凍死か?

働き方・生き方について、投資家の方はこのように言ってます。

私は、生き方をフリーランス的にしようと提案したいです。お給料が減ることがあるかもしれないけれど、新しい出会いや予想を超えた楽しさが待っているかもしれない。この連載を読んで、それを考えてみるきっかけにしてほしいです。

わたしも賛成です。毎年違う人と仕事をし、気づいたら人脈が増えていく・・・こんな刺激的なことはありません。いつも同じ同僚、上司、役員、慣れきってしまった取引先など、一見心地いいように思いますが、やはり新しい人から得られる情報というのは、お金に換えられないものです。

働き方と投資行動は実は似ているのかもしれません。定期運用してリスクをとらない投資行動はサラリーマン、リスクをとって株式投資などをすることがフリーランス・・・言われてみると確かにそうかもしれません。

自分の行動や考えが凍死してしまうことのないよう、動き続けることがいいのかもしれません。「諸行無常」の心は大切です。


予想年収と内定する会社数を無料で診断!その場ですぐわかる転職力診断 @type

スポンサーリンク

35歳以上という年齢の壁を突破したい人へ!
キャリアリリース40

元リクナビNEXT編集長が始めた「年齢ではなく実力で勝負できる世界」を目指した転職支援サービスです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

35歳転職限界説を突破して2回内定をGet、5つの会社を渡り歩いたジョブホッパー。人生トータルでは日系・外資系企業合わせて8回内定。ムダに転職活動経験が豊富で、転職エージェントを11社利用する。マネージャーとして面接官の経験もあるため、採用する側の論理も理解している。転職完全ガイド(晋遊舎)という本に、わたしの転職ノウハウが掲載される。