「会社が嫌ならすぐ転職!」辞めた後で襲ってくるあの後悔について

会社 すぐ辞める 嫌

わたしは、会社が嫌になって日曜日の夜から憂鬱になるような状況になったら、さっさと会社を見切って、転職をしようと思うタイプです。1年くらいは我慢して働くかもしれませんが、それでも憂鬱な気分が治らない場合は、転職活動をして新しい環境に可能性をかけよう!そう考えるタイプです。

実際、そうやって転職を繰り返してきたことに「ほとんど」後悔はありません。「ほとんど」と書いた理由は、一部後悔があるからです。何に後悔しているかというと、それまでの仕事に対しての「納得感」にです。

今までで後悔していること

わずか2年で辞めた会社があります。基幹システムの導入プロジェクトにアサインされ、その中でコンサルタントとして頑張りました。期間が短かったとはいえ、プロジェクトのスタート時からカットオーバーの瞬間までいられたことで達成
感がありました。

このプロジェクトの唯一の心残りは、メンテナンスフェーズに関われなかったことです。カットオーバー後にシステムの不具合は見つかるので、その修正まで立ち会えればもっと達成感は高まったと思うのですが、その点だけは心残りでした。

わずか、1年1か月で辞めた会社があります。ある事情で辞めざるを得なかったのですが、その会社で何か達成できたかといえば、ほぼゼロでした。元々は、新しい組織の立ち上げのために、その会社に転職をしました。まずは会社の流れを知る必要があるということで、わたしの得意分野でないところで、ジッと会社の状況の把握に努めました。

しかし、辞めなければならなくなり、わたしは何一つ成果を残さないまま退社しました。この何一つ成果が残せなかったということに、今でも激しく後悔しています。

辞めたあと後悔しそうなことはなに?

こういった後悔の念というのは、なかなか消えません。5年経っても、10年経っても、わたしの場合は心の奥底に残っています。割り切れると言う人もいると思うのですが、何か成果を残すことがやはり自分の自信につながると思うのです。それが達成できなかったことに、わたしは後悔しています。

嫌だと思ったらすぐ転職してもいいと思います。しかし、わたしのように何か成果を残さないと後悔するようなタイプの人は、プロジェクトや何かの企画で一発当ててから会社を辞めるという方法もあると思います。自分が一生後悔しないためと、嫌な環境から脱出するための両方を天秤にかけながら、転職してみることをお勧めします。

タイトルにあるあの後悔とは、「なにひとつ足跡を残せなかった」という後悔です。何か足跡を残して満足で、日曜日が憂鬱になっているなら、さっさと辞めてもいいと思います!


予想年収と内定する会社数を無料で診断!その場ですぐわかる転職力診断 @type

スポンサーリンク

会社 すぐ辞める 嫌

35歳以上という年齢の壁を突破したい人へ!
キャリアリリース40

元リクナビNEXT編集長が始めた「年齢ではなく実力で勝負できる世界」を目指した転職支援サービスです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

35歳転職限界説を突破して2回内定をGet、5つの会社を渡り歩いたジョブホッパー。人生トータルでは日系・外資系企業合わせて8回内定。ムダに転職活動経験が豊富で、転職エージェントを11社利用する。マネージャーとして面接官の経験もあるため、採用する側の論理も理解している。転職完全ガイド(晋遊舎)という本に、わたしの転職ノウハウが掲載される。