「自分探し」の方法は、とにかく「実践」をしてみること

自分探し 旅 方法

プレジデントオンラインの「30年間も”自分探し”を続けた50代の末路」というお話が、大変面白かったです。2人の登場人物が出てくるのですが、ひとりは「好きな仕事をしたい」といろんな職場を転々とするも見つからず、気づけば50代という方、もうひとりは、希望してないカメラメーカーの仕事から好きなことが見つかり、今は独立したという方でした。

自分探しの方法は、実践実践実践!

「まずは今の仕事が好きになることが大切です」

ということが書いてある話なのですが、わたしはムリに好きになる必要もないかなと思います。ただ、すべてにおいて「実践している」ということが重要だと考えています。

自分探しをしていた時の自分を思い出すと「きっと次の職場には天職が待っている」、「今の仕事よりいいと思える環境がある」など、すべて頭の中で「考えている」状態で、具体的に「天職って」「自分のやりたいことって」を実践はしていませんでした。

ただ頭の中で考えては諦め、また違うことを思いつくも何も実践せず・・・そんな日々を繰り返していました。本当にやりたいことを見つけるのって難しくて、わたしもトライ&エラーを数十年に渡って繰り返し、なんとかやりたいことを見つけたような気がします。

振り返ると考えていることより、とにかく手を動かす、しかもできるだけたくさんという方法が自分探しの最短ルートのような気がしてなりません。やってみればと言われてもやらないし、お勧めの商品やお店をネットで見つけてもいかない・・人間って、基本はナマケモノだと思います。

今の職場でもいろんなことをやる機会があると思うので、そういう機会は絶対に逃さないほうがいいと思います。出張の依頼があったら喜んで行けば、旅先で何か新しい発見があるかもしれません。講師をお願いされたら、テキストを作っているうちにオペレーションの不具合を見つけるかもしれません。部下の指導を任されたら、自分が教えることを好きだと気づくかもしれません。

すべては「実践してみること」が大切なんだと思います。自分探しをあれこれ考えても実は見つからなくって、とにかく多くの事に手を出し続けることが自分探しのゴールになるのだと思います。年齢を重ねるとその一歩が重くなりますし、失敗したくない・・・よって頭でなんとかしようと思うのですが、その時点で自分探しのゴールにはたどりつきません。

好奇心が何歳になっても旺盛ならば、まずはその好奇心に従ってみるといいです。もし好奇心が湧いてこないようであれば、まずは好奇心が湧くことを思い出すことから始めないといけないとわたしは思います!


予想年収と内定がもらえる会社の数を無料診断!その場ですぐわかる転職力診断 @type

スポンサーリンク

自分探し 旅 方法

35歳以上という年齢の壁を突破したい人へ!
キャリアリリース40

元リクナビNEXT編集長が始めた「年齢ではなく実力で勝負できる世界」を目指した転職支援サービスです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

35歳転職限界説を突破して2回内定をGet、5つの会社を渡り歩いたジョブホッパー。人生トータルでは日系・外資系企業合わせて8回内定。ムダに転職活動経験が豊富で、転職エージェントを11社利用する。マネージャーとして面接官の経験もあるため、採用する側の論理も理解している。転職完全ガイド(晋遊舎)という本に、わたしの転職ノウハウが掲載される。