わたしの転職日記(14社目)・いつまでも募集している会社への応募

求人

この14社目のようなケースというのは、転職活動している方なら誰でも体験していることかもしれません。

迷いに迷った応募

この14社目というのは、最初に知ったのは応募の5か月以上前です。なんとなくこの会社を避けてきた理由としては、『いつまでこの企業は募集しているの?』 というぐらい、ずーっと求人が掲載されたいたのです。長く求人を掲載している会社って、怪しい・・・そう思ったりしませんか?

もうひとつ理由があり、リクルートエージェントから『この企業さまは、好き嫌いがはっきり分かれる傾向にある』 という事を聞いていました。ネットでいろいろと調べてみると、どうやらかなりの体育会系ということがわかりました。きっとこれが理由だろうということで、応募を避けてきました。

でもでもでもでも

もう14社も書類やら面接やらで落ち、いろんな条件を妥協しなければ・・・そういう思いがわいてきました。また、ずっと募集しているくらいだから、書類は比較的簡単に通るだろう・・そういう計算も若干ありました。

きた結果は?

2週間後あっさりと結果がでました。

『年齢と経験での総合判断』 との理由で不合格でした。ずばっと年齢と言ってくれて、逆に気持ちよかったのですが、この年齢で募集してなかったっけ?そうも思いました。

のちに会ったエージェントの話

このあと会うことになるあるエージェントに、今まで応募した企業について説明していたところです。

『あぁ、あの会社は本当に採用する気があるんですかね』 

エージェント内でも有名だったんですね、この会社。1か月後、前の会社の元上司と転職活動について話していたところ、『その会社に給与2割減で転職した人知ってるけど、深夜まで働いてるよ~』 うわっ、世間ってせまっ!落ちてよかったなぁ・・と思った瞬間でした。


予想年収と内定する会社数を無料で診断!その場ですぐわかる転職力診断 @type

スポンサーリンク

求人

35歳以上という年齢の壁を突破したい人へ!
キャリアリリース40

元リクナビNEXT編集長が始めた「年齢ではなく実力で勝負できる世界」を目指した転職支援サービスです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

35歳転職限界説を突破して2回内定をGet、5つの会社を渡り歩いたジョブホッパー。人生トータルでは日系・外資系企業合わせて8回内定。ムダに転職活動経験が豊富で、転職エージェントを11社利用する。マネージャーとして面接官の経験もあるため、採用する側の論理も理解している。転職完全ガイド(晋遊舎)という本に、わたしの転職ノウハウが掲載される。