新しい仕事が始まる4月は「一番頑張ってはいけない時期」です!

新生活 4月 頑張らない




4月になり、新天地、新しい環境、新しいポジション、新しい役割になって、「よしっ、仕事頑張るぞ!」と気合が入っている社会人はたくさんいると思います。

その気持ちを長く持続できればいいのですが、ゴールデンウィーク前には急失速。長期休み前に完全燃焼したあげく、5月病になって出社拒否というケースはよくあります。

だからこの4月は「がんばりすぎずに」力を抜いて、むしろゆっくりとしたスタートを切って欲しいと思います。

全くリンクしていない仕事への気合とパフォーマンス

新しいポジションや役割でやる最初の仕事というのは、前任者からの引継ぎや、仕事の基本を学ぶことです。会社に対しての貢献度も低い時期で、とにかくインプットに多くを費やして、1日も早く「使い物」になるのが目標です。

新しい仕事やポジションは1週間で終わるわけではありません。年単位でする仕事の場合が圧倒的多数だと思います。先はまだまだある、そしてスタート時に気合を入れてもそんなにパフォーマンスも上がらない、だったらむしろ力を抜いてスタートを切るぐらいで十分です。

わたしは4月というよりかは、転職直後にこの方法を取り入れていました。転職直後から残業をたくさんして、妙なアピールをする人もいるのですが、わたしは速攻で帰宅することを目標にしていて、むしろこの時期しか早く帰れないから、今を楽しもう!そんな気持ちで会社近くのお店巡りをしていたほどです。

転職回数が少なかったころは、入社直後に死ぬほど頑張っていました。しかし振り返ってみると、あの時の頑張りってなんだろう・・・そう思います。時間が経てば、実績も積み上がっていくのに妙に焦る自分が嫌でした。また、新天地の場合は今の時点では何の信頼もないので、何をやったところでうまくいかないのも事実。信頼を積み重ねる時間がどうしても必要なので、今はそんなに気合を入れなくていいと思います。

教えるほうもきちんと準備をしてくれればいいのですが、自分の仕事と教える手間の両立ができていなくて、新人さんに帰ってもらったあとで仕事をしている人も多いです。早く帰ってくれ・・・なんて思っている先輩もいたりします。

4月からスタートダッシュしてしまっては、1年、2年なんて持ちません。マラソンランナーがスタートのピストルを聞いて、ダッシュしてすぐ失速するようなものです。先はまだまだ長いので、マラソンランナーのように周りのランナーを意識しながらゆっくりスタートを切るのがこの4月にやるべきことです。

力を抜いて頑張らない4月で行きましょう!

予想年収と内定がもらえる会社の数を無料診断!その場ですぐわかる転職力診断 @type

スポンサーリンク

新生活 4月 頑張らない

35歳以上の方のための転職支援サービス
日本全国3万人の経営者にあなたの職歴をダイレクトに打診!



元リクナビNEXT編集長が作ったミドル世代専門の転職支援サービスです。求人を公開していない企業の経営者に、匿名で経歴情報を売り込むことで、あなたの活躍可能性が格段に広がります!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

35歳転職限界説を突破して2回内定をGet、5つの会社を渡り歩いたジョブホッパー。人生トータルでは日系・外資系企業合わせて8回内定。ムダに転職活動経験が豊富で、転職エージェントを11社利用する。マネージャーとして面接官の経験もあるため、採用する側の論理も理解している。転職完全ガイド(晋遊舎)という本に、わたしの転職ノウハウが掲載される。