わたしの転職日記(18社目)・GWに向けて求人数は減る

ゴールデンウィーク 転職

18社目は業界のシェア争いが激しい、ある会社です。

見つけたのは検索エンジン

4月を過ぎてGWに向けて、一気に求人数が減ります。ボーナスに合わせて会社を辞める人は、もっと後の話なようです。それでもあせっている私は、職種を直接検索エンジンに入力し、ヒットする会社のHPを直接調べる作戦を続けました。

”営業”と打つといっぱい出てきそうですが、私の場合職種が特殊だったので、入力してもヒットする件数が”営業”の半分もないかと。

偶然の一致

おもしろかったのがリクルートエージェントからの紹介の中に、上記方式で調べた会社があったということでした。上記方式で調べると、何が分からないかというと、募集年齢、年収、福利厚生面などが全く分かりません。でも、転職エージェントからもらう求人票には詳細に書いてあります。

求人票を頂いて思ったのが、この会社意外と福利厚生が充実しているということです。職種は問題なかったので、さっそく応募しました。

どれだけ放置するの?

GWを挟んでいるので、連絡は時間がかかるだろうと思っていたのですが、なんだかんだで1か月後に返事がきました。だいたい返事が遅い時は、書類不通過なのですが、案の定、不合格。理由は、

『企業も悩んだようなのですが、ご年齢と業界が違うことなどの総合判断で』

悩んだとか言われるとちょっとうれしいのですが、結局は年齢ってまた・・・・35歳以上はそんなにだめなのか?業界の違いより職種が違うほうがやっかいなのでは?そう思ったところで、企業はそう思いません。これが35歳越えの現実だったりします・・・・。

でも私の場合は離職期間が長いという理由を、年齢というほうが聞こえがいいから、企業側が配慮してくれているのかもしれませんね。


予想年収と内定がもらえる会社の数を無料診断!その場ですぐわかる転職力診断 @type

スポンサーリンク

ゴールデンウィーク 転職

35歳以上という年齢の壁を突破したい人へ!
キャリアリリース40

元リクナビNEXT編集長が始めた「年齢ではなく実力で勝負できる世界」を目指した転職支援サービスです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

35歳転職限界説を突破して2回内定をGet、5つの会社を渡り歩いたジョブホッパー。人生トータルでは日系・外資系企業合わせて8回内定。ムダに転職活動経験が豊富で、転職エージェントを11社利用する。マネージャーとして面接官の経験もあるため、採用する側の論理も理解している。転職完全ガイド(晋遊舎)という本に、わたしの転職ノウハウが掲載される。