わたしの転職日記(21・22社目)・自己応募始めてみました!

転職

今日は初の2頭立てです(笑) 2社一気に書く理由は・・・・それぐらいの内容でしかないからです。

大手2社へ無謀にもアタックしてみました。この頃になると、エージェント複数登録に加え、自己応募もだめもとで応募するようになりました。とにかく応募してないと、不安に襲われるからです。こうなる事が予想されるので、みなさまは初めから全力で応募したほうがいいです。

「迷ったら、即応募。即履歴書提出!」

これぐらいがちょうどいいです、35歳以上の現実を甘くみないほうがいいです。書類通過率は2割なので、100通だしても20通しか通りません。これはわたしの体験でもあり、転職エージェントが言う数字でもあります。

自己応募の落とし穴

前にも書いたのですが、自己応募というのは倍率がものすごく高いのです。転職エージェントを通すと、エージェント側がふるいにかけるので、ある程度絞られるのですが、自己応募はどんな人でも応募ができてしまいます。玉石混交とはまさにこの事で、選ぶ側も自己応募の多さには参ってしまいます。その中で勝ち抜くのですから、本当に大変です、自己応募は。

で、応募した2社ですが・・・どこかわかっちゃいますね

1社はキムタクがバーで英語しゃべっているメーカー、もう1社はマラソンの宗兄弟の子会社?です。先に結論からいいますと、3か月経っても何も連絡がありません。35歳以上じゃぁねぇ・・・とくに大企業は。

おそらく脈のある人にだけ連絡する会社なんでしょうが、そう書いてあったかなぁ~。ちなみに私は面接の対応が悪かった会社、連絡をよこさない会社の商品は、できるだけ買わないようにしています。分かってほしいのは、応募者は消費者でもあるんですよ~そのあたり分かってますか、採用担当者様。


予想年収と内定する会社数を無料で診断!その場ですぐわかる転職力診断 @type

スポンサーリンク

転職

35歳以上という年齢の壁を突破したい人へ!
キャリアリリース40

元リクナビNEXT編集長が始めた「年齢ではなく実力で勝負できる世界」を目指した転職支援サービスです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

35歳転職限界説を突破して2回内定をGet、5つの会社を渡り歩いたジョブホッパー。人生トータルでは日系・外資系企業合わせて8回内定。ムダに転職活動経験が豊富で、転職エージェントを11社利用する。マネージャーとして面接官の経験もあるため、採用する側の論理も理解している。転職完全ガイド(晋遊舎)という本に、わたしの転職ノウハウが掲載される。