わたしの転職日記(25社目・その3)・いきなりテストが始まった!

テスト

1次面接前日に、転職エージェントから次のような連絡が入ります。

『簡単な口頭ベースの、テストがあるようですよ~』

え゛~、明日が面接なのに、どんな対策をしろって言うんだよ~正直こんな気持ちになりましたが、明日なんでもう準備しようがありません。口頭だし、なんとかなるかぁ・・・そう思い、1次面接に行きました。しかし過剰過ぎる企業との密着ぶり・・・すごいエージェントが世の中にはあるんですね。

これは1次面接なのか?

『失礼します!』

ドアを開けると、面接室の机の隅に明らかに計算機があります。

『今から30分で課題を2つ解いていただきます、その後15分ほど面接をします』

応募企業側にはその会社について説明してほしい・・・という思いがあります。応募者は意外とその企業に関して知らないことが多く、ましてや業務内容など知るはずもありません。もちろん企業研究はするのですが、ネットで調べるには限界があります。とはいえ、こちらは選ばれる側。主導権はあくまで企業側です・・・

問題はキャリアがないと解けない

問題を見ると、前職で経験していた内容の問題が2題ありました。『よしっ!』と思ったのも束の間、パソコンがありません・・・・いろいろと計算するのは、すべて計算機です。正確さもテストされているのか・・・時間足りるのか・・・・いろいろ考えましたが、やるしかありません。

で結局30分のうち10分は、計算機を操作する時間になってしまいました。課題のあとは15分間、質問を受けたのですが、不意打ち的な課題解き、全く会社説明がない・・・などなど、私の気持ちが少しさめていくのが分かりました。

出来がいいかどうかも分からず面接の雰囲気もいまいちで全く受かる様子はなかったのですが、面接の翌日、なぜか1次面接通過の連絡、また2次面接は1週間後という連絡がきたのでした・・・


予想年収と内定する会社数を無料で診断!その場ですぐわかる転職力診断 @type

スポンサーリンク

テスト

35歳以上という年齢の壁を突破したい人へ!
キャリアリリース40

元リクナビNEXT編集長が始めた「年齢ではなく実力で勝負できる世界」を目指した転職支援サービスです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

35歳転職限界説を突破して2回内定をGet、5つの会社を渡り歩いたジョブホッパー。人生トータルでは日系・外資系企業合わせて8回内定。ムダに転職活動経験が豊富で、転職エージェントを11社利用する。マネージャーとして面接官の経験もあるため、採用する側の論理も理解している。転職完全ガイド(晋遊舎)という本に、わたしの転職ノウハウが掲載される。