35歳以上の転職に求められるものとは?

35歳以上に求められるもの

1.35歳以上の場合、業界経験・職種経験を求められることが多い。 (少なくともどちらか一つは) 2.マネジメント層になる(あるいは候補になる)ため、30代前半でマネジメントの経験(なくても後輩の指導経験)があるかどうかを問われるようになる。

この記事で、はっ!と思ったのは、マネジメント経験についてです。確かにマネジメントを経験しているのと、していないとでは違うなんていいますが・・・これホントに違うと思います。

その昔、私は上司にたてつくような部下でして・・・

でも、自分がマネージャーになった時に初めて自分のしてきた事を恥じて、そこから大きく人生や価値観が変わった事を覚えています。子供が生まれて、親になって初めて気づく感覚とも近いかもしれません。マネージャーとしてえらく悩んだ挙げ句、その後はニートになってしまいましたが、あの頃ってすごく充実していたなぁって思います。

マネジメントもいろんなタイプがあり、マネージャーもいろいろです。マネージャーになった人が優秀っていうわけでもないんですよね・・・パワハラまがいや、人材育成ができないとんでもない人いっぱいいますしね。

だから35歳までにマネージャーって、履歴書的にはそりゃ必要かもしれませんが、マネージャーのような感覚を持った人材ってのが必要なんだと思います。記事にもありますが、後輩を指導する時にも人間性って現れます。

本当に仕事だけでひっぱっていけるマネージャーはなかなかいないと思うので、やはり人間性は重要です。人間性でリーダーシップの欠如をカバーするところもあれば、人間性で仕事内容をパワーアップさせることだってあります。

感情を押し殺したり、感情抜きで仕事ができればいいんですが、最終的には好き嫌いも関係してきます。人間なのでやむを得ない部分もあります。そういう時に、年の功が発揮できるような人間でいないと、35歳以上は厳しいです・・・


予想年収と内定する会社数を無料で診断!その場ですぐわかる転職力診断 @type

スポンサーリンク

35歳以上に求められるもの

35歳以上という年齢の壁を突破したい人へ!
キャリアリリース40

元リクナビNEXT編集長が始めた「年齢ではなく実力で勝負できる世界」を目指した転職支援サービスです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

35歳転職限界説を突破して2回内定をGet、5つの会社を渡り歩いたジョブホッパー。人生トータルでは日系・外資系企業合わせて8回内定。ムダに転職活動経験が豊富で、転職エージェントを11社利用する。マネージャーとして面接官の経験もあるため、採用する側の論理も理解している。転職完全ガイド(晋遊舎)という本に、わたしの転職ノウハウが掲載される。