わたしを勇気づけた50歳の方の転職ばなし

50歳 転職

今日は題して 『わたしを勇気づけた50歳の方の転職ばなし』 です。この話を聞いてわたしと同じように勇気づけられる方がいれば、かなりうれしいです!

その方とわたしの関係

その方(Aさんとします)とわたしは以前同じ職場につとめていて、同じチームで仕事してました。Aさんには大学に通う息子さんがいて、Aさん自体はもう50歳を過ぎています。会社を辞めてからというもの音信不通だったのですが、偶然ある場所で再開し(かなり奇跡的に)、そこから再びメールや電話でのおつきあいが始まりました。

Aさんのふしぎ転職話を聞く

Aさんは45歳以降でも、なぜか次々と仕事が決まります。Aさんは管理職経験がないので、いわゆる普通の方です。リストラにあった経験もあり、いわゆるバリバリビジネスマンというわけではないんです。それがどうにもこうにも不思議だったわたしは、

私:『45歳以降で3回も転職成功する人って、世の中そうはいないですよ?何かコツってあるんですか??』

A:『これと言ってコツはないよ、ただひたすら転職サイトやコネを使って応募するだけ』

私:『今回はどうやって転職先を見つけたんですか?』

A:『DODA

え゛・・・、あのDODAですか?わたしのDODAというサイトのもつイメージは20代後半~30代前半を中心を相手にした求人多数、それが50代でDODAってそんなのあるの??ってわたしはただただ驚いてしまいました。

A:『社長と社員との世代差がかなり空いていて、その中間を埋める世代と人材を探していたみたい』

なるほど・・・そんな求人もあるんだぁ・・・応募してみないとホント分からないよなぁ~ 

私:『その前もDODAでした?』

A:『友達に紹介してもらったり、そういう時もあったよ。アルバイトもいろいろしたよ』

A:『転職苦労人(わたし)さんは45歳までは楽勝だよ、仕事見つけられるよ!俺よりキャリアしっかりしてるし』

私:『そ、そうかな?わたしは次で6社目になるし、社会的にはジョブホッパー(転職を繰り返す人)でだめじゃないんですかぁ??』

A:『そんなの楽勝!35歳から厳しいとかいうけど、50歳の自分から見れば全然若い。悪いけど50代はもっと転職活動がきついから、今思えば35歳の壁とかってなんだろって感じ』

A:『大企業はこの歳だと無理だから中小企業に絞っているけど、中小の方が自分にはあってるかな』

私:『わたしも大企業は向かないって、だいぶ歳をとってから分かりましたよ~』

とにかく感心しっぱなしのわたしだったんですが、結局はこういうことではないのかなと。

『転職に年齢は関係ない、自分自身の中で勝手にハードル上げて転職できないと思っているだけ』

ブログを長く読んでいる方なら、また出た!この言葉って思われるかもしれません。そんな私も転職活動中なので、タイムリーに勇気をもらいました。転職活動の壁にぶつかったら、身近な40代後半から50代の人に相談してみてください。壁を乗り越えられるかも・・・・


予想年収と内定がもらえる会社の数を無料診断!その場ですぐわかる転職力診断 @type

スポンサーリンク

50歳 転職

35歳以上という年齢の壁を突破したい人へ!
キャリアリリース40

元リクナビNEXT編集長が始めた「年齢ではなく実力で勝負できる世界」を目指した転職支援サービスです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

35歳転職限界説を突破して2回内定をGet、5つの会社を渡り歩いたジョブホッパー。人生トータルでは日系・外資系企業合わせて8回内定。ムダに転職活動経験が豊富で、転職エージェントを11社利用する。マネージャーとして面接官の経験もあるため、採用する側の論理も理解している。転職完全ガイド(晋遊舎)という本に、わたしの転職ノウハウが掲載される。